山上の説教の結論

2022年3月20日(日)主日礼拝説教ハレルヤチャペル滝沢牧師森田友明

<聖書>マタイの福音書7章15~29節
【新改訳2017】
7:15 偽預言者たちに用心しなさい。彼らは羊の衣を着てあなたがたのところに来るが、内側は貪欲な狼です。
7:16 あなたがたは彼らを実によって見分けることになります。茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるでしょうか。
7:17 良い木はみな良い実を結び、悪い木は悪い実を結びます。
7:18 良い木が悪い実を結ぶことはできず、また、悪い木が良い実を結ぶこともできません。
7:19 良い実を結ばない木はみな切り倒されて、火に投げ込まれます。
7:20 こういうわけで、あなたがたは彼らを実によって見分けることになるのです。
7:21 わたしに向かって『主よ、主よ』と言う者がみな天の御国に入るのではなく、天におられるわたしの父のみこころを行う者が入るのです。
7:22 その日には多くの者がわたしに言うでしょう。『主よ、主よ。私たちはあなたの名によって預言し、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの奇跡を行ったではありませんか。』
7:23 しかし、わたしはそのとき、彼らにはっきりと言います。『わたしはおまえたちを全く知らない。不法を行う者たち、わたしから離れて行け。』
7:24 ですから、わたしのこれらのことばを聞いて、それを行う者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人にたとえることができます。
7:25 雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家を襲っても、家は倒れませんでした。岩の上に土台が据えられていたからです。
7:26 また、わたしのこれらのことばを聞いて、それを行わない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人にたとえることができます。
7:27 雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもその倒れ方はひどいものでした。」
7:28 イエスがこれらのことばを語り終えられると、群衆はその教えに驚いた。
7:29 イエスが、彼らの律法学者たちのようにではなく、権威ある者として教えられたからである。

<要約>

幸いな人生の土台:

聖書の中心メッセージは、神の御子キリストによる救いです。それが福音です。福音とは、神があなたを愛して、イエス・キリストにより、あなたを罪と死と悪魔から救ってくださったということです。聞いて行うということは、信じて従うということです。その福音を聞く者が最終的にとる応答はこの二通りに分かれるのです。すなわち福音を信じて受け止める人と、それを信じないで受け止めない人です。受け止めなければ、福音はその人のところには届きません。そこで、イエス様は、みことばを聞いて行う人は岩の上に家を建てた賢い人のようだ、といわれたのです。岩の上の岩とは、神を信じる信仰ということができます。みことばを聞いて行うというのは、信じてみことばに従うことです。真に幸いな人生の土台とは、信仰に立って、みことばを実践することです。

幸せな人生のガイドライン:

信仰に励みなさいと言われても、具体的にはどうすればよいでしょうか。何を指針として歩んだらよいというのでしょうか。ガイドラインが必要です。それが十戒です。十戒は私たちと神との正しい関係、そしてそれに基づく隣人(自分以外のすべての人)との正しい関係を教えています。十戒は関係のルールと言えます。信仰を土台として、私たちがまず励むことは、十戒の第一戒から第三戒であるといえます。まず、神との関係をただし、神との関係を最も大切にしていくことです。それが礎となって、第四戒、父と母を敬いなさい、から第五戒、殺してはならない、第六戒、姦淫してはならない、と、隣人との関係に続いていくのです。つまり、第四から第十までは、隣人関係についてのガイドラインです。十戒は、人間のあらゆる罪を指摘します。同時に、人間のあらゆる行いの勧めが書かれています。だから、十戒は神の御心と言うことができます。神様が十戒をお与えになった理由は、私たちが、十戒に表わされた神の要求を満たすことのできない存在であることに気づくことです。つまり、神様の思いから遠く離れている自分に気づくことです。自分が罪びとであることを悔いてキリストの十字架で示された愛を受け入れることなのです。そのうえで、罪赦されたものとして、十戒を人生のガイドラインとして歩みなさいというのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA