失われた者を探し求める神の熱心

2021年11月21日主日礼拝説教 ハレルヤチャペル滝沢牧師森田友明

<聖書>マタイの福音書18章1~14節
18:1 そのとき、弟子たちがイエスのところに来て言った。「天の御国では、いったいだれが一番偉いのですか。」
18:2 イエスは一人の子どもを呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて、
18:3 こう言われた。「まことに、あなたがたに言います。向きを変えて子どもたちのようにならなければ、決して天の御国に入れません。
18:4 ですから、だれでもこの子どものように自分を低くする人が、天の御国で一番偉いのです。
18:5 また、だれでもこのような子どもの一人を、わたしの名のゆえに受け入れる人は、わたしを受け入れるのです。
18:6 わたしを信じるこの小さい者たちの一人をつまずかせる者は、大きな石臼を首にかけられて、海の深みに沈められるほうがよいのです。
18:7 つまずきを与えるこの世はわざわいです。つまずきが起こるのは避けられませんが、つまずきをもたらす者はわざわいです。
18:8 あなたの手か足があなたをつまずかせるなら、それを切って捨てなさい。片手片足でいのちに入るほうが、両手両足そろったままで永遠の火に投げ込まれるよりよいのです。
18:9 また、もしあなたの目があなたをつまずかせるなら、それをえぐり出して捨てなさい。片目でいのちに入るほうが、両目そろったままゲヘナの火に投げ込まれるよりよいのです。
18:10 あなたがたは、この小さい者たちの一人を軽んじたりしないように気をつけなさい。あなたがたに言いますが、天にいる、彼らの御使いたちは、天におられるわたしの父の御顔をいつも見ているからです。
18:11 ☆
18:12 あなたがたはどう思いますか。もしある人に羊が百匹いて、そのうちの一匹が迷い出たら、その人は九十九匹を山に残して、迷った一匹を捜しに出かけないでしょうか。
18:13 まことに、あなたがたに言います。もしその羊を見つけたなら、その人は、迷わなかった九十九匹の羊以上にこの一匹を喜びます。
18:14 このように、この小さい者たちの一人が滅びることは、天におられるあなたがたの父のみこころではありません。

<要約>

神の国のVIP

天の御国では誰が一番偉いのか?の弟子たちの問いに対して、イエス様は一番偉い人は子どものように自分を低くするものであると言われました。幼き子が親を信頼して身を寄せている姿勢こそ、私たちの父なる神へのあるべき姿勢です。クリスチャンは何事も自分の力に頼らずして、主にすがって主に委ねて乗り切ることです。子どもたちにはイエス様の愛が注がれています。小さいものを受け入れるというのは実際には小さい人に仕えることです。教会はそのようにして兄弟姉妹を受け入れお互いに仕えあっていくところです。弱い力のないものを通して神の力が現されていくという霊的法則があるのです。この後に迫害の時代がやってきます。多くの信者たちは信仰をとるか、さもなくば、死を取るかを迫られてきました。歴史を通して無数のクリスチャンたちは、殺されることを顧みずに、信仰をとったのです。永遠の火に投げ込まれることを免れ、信仰により永遠のいのちに至ったのです。この世では最も取るに足りないと思われる人でも信仰に生きた人は神の国では VIPなのです。

不条理なほどにあなたを愛する神の愛

一人の人を救おうとされる神の熱心さは、99匹を残して一匹を救おうとします。神のみ思いは滅びに至るその一匹、その一人の人を救いたいという熱い思いと深いあわれみを持っておられるのです。神はそのひとりの人を救いに導くという働きを私たちに託しているのです。天のみ国に入る資格は、神との正しい関係にあることです。神から義とされていることです。罪赦されている者のみが入ることができるのです。つまり、イエス・キリストがあなたの身代わりとなってあなたの罪を十字架で贖ったことを認め信じることです。不条理と見える神の愛はどこに現れているでしょうか。そうです。それは十字架に表された神の愛です。神を敬わない、神を認めない、神の敵として歩んできたそのような者のためにキリストは十字架で死んで下さったのです。そのことによって、神は私たちに対するご自身の愛を示してくださいました。今日も、神は迷子の羊であるあなたをさがし求めておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です