勝利の秘訣

2020年12月27日(日)礼拝説教 ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>士師記6章1~14節
6:1 イスラエルの子らは、【主】の目に悪であることを行った。そこで、【主】は七年の間、彼らをミディアン人の手に渡された。
6:2 ミディアン人の勢力がイスラエルに対して強くなったので、イスラエル人はミディアン人を避けて、山々にある洞窟や洞穴や要害を自分たちのものとした。
6:3 イスラエルが種を蒔くと、いつもミディアン人、アマレク人、そして東方の人々が上って来て、彼らを襲った。
6:4 彼らはイスラエル人に向かって陣を敷き、その地の産物をガザに至るまで荒らして、いのちをつなぐ糧も、羊も牛もろばもイスラエルに残さなかった。
6:5 実に、彼らは自分たちの家畜と天幕を持って上り、いなごの大群のように押しかけて来た。彼らとそのらくだは数えきれないほどであった。彼らは国を荒らそうと入って来たのであった。
6:6 こうして、イスラエルはミディアン人の前で非常に弱くなった。すると、イスラエルの子らは【主】に叫び求めた。
6:7 イスラエルの子らがミディアン人のゆえに【主】に叫び求めたとき、
6:8 【主】は一人の預言者をイスラエルの子らに遣わされた。預言者は彼らに言った。「イスラエルの神、【主】はこう言われる。わたしはあなたがたをエジプトから上らせ、奴隷の家から導き出し、
6:9 エジプト人の手と、圧迫するすべての者の手から助け出し、あなたがたの前から彼らを追い出して、その地をあなたがたに与えた。
6:10 わたしはあなたがたに言った。『わたしが【主】、あなたがたの神である。あなたがたが住んでいる地のアモリ人の神々を恐れてはならない』と。ところが、あなたがたはわたしの声に聞き従わなかった。」
6:11 さて【主】の使いが来て、アビエゼル人ヨアシュに属するオフラにある樫の木の下に座った。このとき、ヨアシュの子ギデオンは、ぶどうの踏み場で小麦を打っていた。ミディアン人から隠れるためであった。
6:12 【主】の使いが彼に現れて言った。「力ある勇士よ、【主】があなたとともにおられる。」
6:13 ギデオンは御使いに言った。「ああ、主よ。もし【主】が私たちとともにおられるなら、なぜこれらすべてのことが、私たちに起こったのですか。『【主】は私たちをエジプトから上らせたではないか』と言って、先祖が伝えたあの驚くべきみわざはみな、どこにあるのですか。今、【主】は私たちを捨てて、ミディアン人の手に渡されたのです。」
6:14 すると、【主】は彼の方を向いて言われた。「行け、あなたのその力で。あなたはイスラエルをミディアン人の手から救うのだ。わたしがあなたを遣わすのではないか。」

<要約>

神から離れ敗北する人間(敗北のサイクル)

イスラエルの民は世に妥協したために、彼らは敗北のサイクルに入っていきました。それは、現代の私たちに当てはめると、神にすべてをあけ渡すことなく、この世の流れに流されている人の姿を表しています。この世と妥協して、この世の生活に合わせるならばその人は敗北します。パウロは「あなた方は、この世と調子を合わせてはいけません」と言いました。むしろ神は、「彼らの中から出て行って、彼らと分離せよ」と言っておられます。イスラエルの民のように敗北のサイクルに入ってはいけません。敗北のサイクルは、神のみことばを無視すること、そして、神に信頼を置かないことから始まるのです。それは罪であり行き着くところは死であり滅びです。

神は叫び求める者を世に遣わす(勝利のサイクル)

主の臨在と栄光を仰ぐ時、救い主、解放者であるイエス・キリストは私たちと共にいてくださいます。キリストは私たちの罪をご自身に負われて十字架の上で死んで罪を取り除いてくださいました。キリストは私たちを罪の呪いから救い解放してくださったのです。私たちはキリストにより勝利のサイクルに入れられるのです。勝利は私たちが得るのではなく、すでにキリストが世と悪魔と死に勝利されていますので、私たちはただその勝利にあやかるだけです。私たちに必要なのは信仰です。勝利の結果、嘆きは賛美と感謝と献身の思いに変えられるのです。勝利のサイクルにとどまる秘訣は、旧約の神の民のようにリーダーを見失うのではなく、私たちのリーダーであり贖い主であるキリストから目を離さないことです。キリストを信じ続けることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です