ダビデの子孫キリストの王国

2020年11月29日礼拝説教 森田友明 牧師

<聖書>Ⅱサムエル記7:5~17
7:5 「行って、わたしのしもべダビデに言え。『【主】はこう言われる。あなたがわたしのために、わたしの住む家を建てようというのか。
7:6 わたしは、エジプトからイスラエルの子らを連れ上った日から今日まで、家に住んだことはなく、天幕、幕屋にいて、歩んできたのだ。
7:7 わたしがイスラエルの子らのすべてと歩んだところどこででも、わたしが、わたしの民イスラエルを牧せよと命じたイスラエル部族の一つにでも、「なぜ、あなたがたはわたしのために杉材の家を建てなかったのか」と、一度でも言ったことがあっただろうか。』
7:8 今、わたしのしもべダビデにこう言え。『万軍の【主】はこう言われる。わたしはあなたを、羊の群れを追う牧場から取り、わが民イスラエルの君主とした。
7:9 そして、あなたがどこに行っても、あなたとともにいて、あなたの前であなたのすべての敵を絶ち滅ぼした。わたしは地の大いなる者たちの名に等しい、大いなる名をあなたに与えてきた。
7:10 わが民イスラエルのために、わたしは一つの場所を定め、民を住まわせてきた。それは、民がそこに住み、もはや恐れおののくことのないように、不正な者たちも、初めのころのように、重ねて民を苦しめることのないようにするためであった。
7:11 それは、わたしが、わが民イスラエルの上にさばきつかさを任命して以来のことである。こうして、わたしはあなたにすべての敵からの安息を与えたのである。【主】はあなたに告げる。【主】があなたのために一つの家を造る、と。
7:12 あなたの日数が満ち、あなたが先祖とともに眠りにつくとき、わたしは、あなたの身から出る世継ぎの子をあなたの後に起こし、彼の王国を確立させる。
7:13 彼はわたしの名のために一つの家を建て、わたしは彼の王国の王座をとこしえまでも堅く立てる。
7:14 わたしは彼の父となり、彼はわたしの子となる。彼が不義を行ったときは、わたしは人の杖、人の子のむちをもって彼を懲らしめる。
7:15 しかしわたしの恵みは、わたしが、あなたの前から取り除いたサウルからそれを取り去ったように、彼から取り去られることはない。
7:16 あなたの家とあなたの王国は、あなたの前にとこしえまでも確かなものとなり、あなたの王座はとこしえまでも堅く立つ。』」
7:17 ナタンはこれらすべてのことばを、この幻のすべてを、そのままダビデに告げた。

<要約>

神が用意された天国へ行く道:

聖書は、イエス・キリスト通して、罪赦されて永遠のいのちに生きる、と教えています。それが、「わたしは道であり、真理であり、いのちです。私を通してでなければ、だれも父のもとに行くことはできません。」と言われたイエス・キリストです。人が天国へ行くための唯一の道です。それを無視して、神に近づくことはできません。人が天国に行けるかどうかについて、人はジャッジできません。それは、神が決めることです。イエス・キリストこそが、神が用意してくださった天国への道だからです。

みことばにより神のしもべに徹して生きる:

ダビデが、「神のしもべである」ことを確認させられたようにあなたは神との関係を正さなければなりません。人間が神との関係を修正すると主の祝福と恵みが流れていきます。水が高いところから低いところへ流れていくように、神の祝福はへりくだった者へ流れるのです。これは霊的法則です。それゆえ、人間は最初に低くされる必要があります。その時、神の驚くべき恩寵がその人に流れていくのです。神の恵みと祝福の人生を歩みたいと願うなら、神のしもべに徹して生きることです

とこしえまでも続くキリストの王国:

聖書にある神の約束は、遠い昔の話ではありません。神の約束は変わりません。そして、必ず成就します。ダビデの時代から三千年が経ちましたが、ダビデへの約束は見事に成就しています。私たちキリスト信者はキリストによって打ち立てられた王国の国民です。神は、あなたが神との関係を取り戻すように、今日もあなたを招いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です