神との関係は大丈夫?

2020年1月19日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>マタイ3章1~6,13~17節
3:1 そのころバプテスマのヨハネが現れ、ユダヤの荒野で教えを宣べ伝えて、
3:2 「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから」と言った。
3:3 この人は、預言者イザヤによって「荒野で叫ぶ者の声がする。『主の道を用意せよ。主の通られる道をまっすぐにせよ』」と言われた人である。
3:4 このヨハネはらくだの毛の衣をまとい、腰には革の帯を締め、その食べ物はいなごと野蜜であった。
3:5 そのころ、エルサレム、ユダヤ全土、ヨルダン川周辺のすべての地域から、人々がヨハネのもとにやって来て、
3:6 自分の罪を告白し、ヨルダン川で彼からバプテスマを受けていた。

3:13 そのころ、イエスはガリラヤからヨルダン川のヨハネのもとに来られた。彼からバプテスマを受けるためであった。
3:14 しかし、ヨハネはそうさせまいとして言った。「私こそ、あなたからバプテスマを受ける必要があるのに、あなたが私のところにおいでになったのですか。」
3:15 しかし、イエスは答えられた。「今はそうさせてほしい。このようにして正しいことをすべて実現することが、わたしたちにはふさわしいのです。」そこでヨハネは言われたとおりにした。
3:16 イエスはバプテスマを受けて、すぐに水から上がられた。すると見よ、天が開け、神の御霊が鳩のようにご自分の上に降って来られるのをご覧になった。
3:17 そして、見よ、天から声があり、こう告げた。「これはわたしの愛する子。わたしはこれを喜ぶ。」

<要約>

神と正しい関係に入るには:

聖書は言います。人は生まれながら罪の性質を持って生まれ、現に人は罪を犯すものだと。聖書には、すべての人は罪を犯したから、神の栄光を受けることができない、と書いています。人の罪が、神との関係を断絶させています。そもそも人が創り主である神を認めないことが最大の罪です。自分の罪が分からない人は、イエス・キリストの救いもわかりません。実にイエス様は私たちの罪を取り除くために来られたからです。悔い改めは、今まで神を無視してきたことを悔いて、神に立ち返り、神との関係を正すことです。さて、イエス様は本来神の子で、生まれながら罪のないお方です。そのイエス様が、ヨハネの下に来てバプテスマを受けようとなさいました。この「すべて正しい」の「正しい」は、原語で「義」という言葉が使われています。義という字は、「神との関係で正しい」ということを意味しています。悔い改めは、思いを変えて、神を見上げ、神を心にお迎えするという心の姿勢から出てきます。まだ、神との正しい関係に入っていない人は、信じて洗礼を受けることです。それは、神との正しい関係に入ることを意味します。あなたと神の関係は大丈夫でしょうか。もう一度、悔い改めて神と向き合いましょう。

神との正しい関係を取り戻してくださるキリスト:

神はイエス様がヨハネのバプテスマを受けて、これから救いのわざ、人類の贖いのわざに立ち上がったことを喜ばれました。そして、「これはわたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ」と声をかけられました。イエス様ご自身は、人々の罪の贖いの代価として、十字架で苦しみ命を捨てなければならないと決意しておられました。すなわち受難を心に決めていました。無罪の神がすべての人の罪を背負って身代わりとなって十字架で裁かれいのちを落としてくださったのです。信じる者は誰一人裁かれることなく、神のいのちにあずかり、復活の希望に生きるのです。このように、キリストは私たち人間と神との関係をご自身の血によって取り戻してくださったのです。ですから、悔い改めて信じれば、神の国はあなたのものになるのです。私たちのいのちはこの地上だけではありません。永遠を過ごすことになります。あなたには、いつまでも続く希望と喜びがついてくるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です