和解をもたらすクリスマス

2019年12月15日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>コロサイ人への手紙1章13~23節
1:13 御父は、私たちを暗闇の力から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。
1:14 この御子にあって、私たちは、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。
1:15 御子は、見えない神のかたちであり、すべての造られたものより先に生まれた方です。
1:16 なぜなら、天と地にあるすべてのものは、見えるものも見えないものも、王座であれ主権であれ、支配であれ権威であれ、御子にあって造られたからです。万物は御子によって造られ、御子のために造られました。
1:17 御子は万物に先立って存在し、万物は御子にあって成り立っています。
1:18 また、御子はそのからだである教会のかしらです。御子は初めであり、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、すべてのことにおいて第一の者となられました。
1:19 なぜなら神は、ご自分の満ち満ちたものをすべて御子のうちに宿らせ、
1:20 その十字架の血によって平和をもたらし、御子によって、御子のために万物を和解させること、すなわち、地にあるものも天にあるものも、御子によって和解させることを良しとしてくださったからです。
1:21 あなたがたも、かつては神から離れ、敵意を抱き、悪い行いの中にありましたが、
1:22 今は、神が御子の肉のからだにおいて、その死によって、あなたがたをご自分と和解させてくださいました。あなたがたを聖なる者、傷のない者、責められるところのない者として御前に立たせるためです。
1:23 ただし、あなたがたは信仰に土台を据え、堅く立ち、聞いている福音の望みから外れることなく、信仰にとどまらなければなりません。この福音は、天の下のすべての造られたものに宣べ伝えられており、私パウロはそれに仕える者となりました。

<要約>

神と敵対する人間:

アダムの子孫である人類は皆サタンの支配下にあると聖書は語っています。私たちがイエス様を信じる前の状態が書かれています。人は神と敵対関係にあり、かつ悪い行いの中にあったというのです。そのままでは私たちは誰一人として天国へいけないのです。そこで、キリストは敵対関係にある者を和解させるために来られたということが書いています。「その十字架の血によって平和をもたらし、御子によって、御子のために万物を和解させる」と。万物と和解と書いています。人間ばかりでなく、万物です。すべての被造物です。自然界の動植物はどのような状況にあるのでしょうか。創世記には、「大地はあなたのゆえに呪われる」と書いています。アダムの罪により、すべての被造物は罪の呪いの下に置かれ、和解されることを待ち望んでいると言えます。被造物も苦しんでいるのです。

聖なる傷のない者となるために:

キリストが私たちの受けるべき罪の刑罰を十字架の上で身代わりに受けてくださったことにより、キリストを信じる者は罪赦されて、神との和解を得ることができます。サタンの支配からキリストの支配に移されたのです。御子は見えない神のかたち、見えない神の姿であるとあります。キリストは神の本質そのものであるとはっきり語られています。万物はキリストによって創られたということとさらにはキリストによって、今万物は保たれ成り立っている事、最終的にはキリストが万物の存在の目的であるということです。だからこそ、キリストは万物を神と和解させることがお出来になるのです。今日のコロサイ書には、キリストがもたらしてくださった和解の内容が書かれています。「聖なる者、傷のない者、責められるところのない者として御前にたたせてくださる」と。あなたを聖なる者としてくださるのは聖霊です。聖霊はあなたの内側に働き、あなたにきよい神の思いを知らせてくださいます。わたしたちがこころの王座に聖霊をお迎えして聖霊に聞き従うなら、人生は限りない、無限の祝福を得ます。次に、傷のない者、責められることのない者としてくださるということです。神は、キリストのうち傷によってあなたを癒し、御前で聖なる者として立たせてくださるのです。クリスマスは和解の時です。イエス様を信じて神との和解を受けてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です