クリスマスのインパクト

2021年12月26日クリスマス礼拝ハレルヤチャペル滝沢牧師森田友明

<聖書>マタイの福音書2章1~12節
2:1 イエスがヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東の方から博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。
2:2 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。私たちはその方の星が昇るのを見たので、礼拝するために来ました。」
2:3 これを聞いてヘロデ王は動揺した。エルサレム中の人々も王と同じであった。
2:4 王は民の祭司長たち、律法学者たちをみな集め、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。
2:5 彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれています。
2:6 『ユダの地、ベツレヘムよ、あなたはユダを治める者たちの中で決して一番小さくはない。あなたから治める者が出て、わたしの民イスラエルを牧するからである。』」
2:7 そこでヘロデは博士たちをひそかに呼んで、彼らから、星が現れた時期について詳しく聞いた。
2:8 そして、「行って幼子について詳しく調べ、見つけたら知らせてもらいたい。私も行って拝むから」と言って、彼らをベツレヘムに送り出した。
2:9 博士たちは、王の言ったことを聞いて出て行った。すると見よ。かつて昇るのを見たあの星が、彼らの先に立って進み、ついに幼子のいるところまで来て、その上にとどまった。
2:10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。
2:11 それから家に入り、母マリアとともにいる幼子を見、ひれ伏して礼拝した。そして宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
2:12 彼らは夢で、ヘロデのところへ戻らないようにと警告されたので、別の道から自分の国に帰って行った。

<要約>

闇にとどまることに甘んじる人間社会

ヘロデ王は命じてベツレヘムとその周辺の2歳以下の男子をすべて殺しました。ヘロデが、自分の王位を脅かす存在を恐れて、それを抹殺しようと思う事は想像に難くないことです。しかし、ヘロデ王ばかりでなくエルサレムにいた多くのユダヤ人たちもキリストの誕生を聞いて動揺しました。多くのユダヤ人は、救い主がユダヤ人の王として来られ、社会が不安定になるのを恐れていたのです。現状にあまんじ、変化を恐れていたのです。「私たちにはキリストは必要がない」と表明したのです。そこに当時のユダヤ人を含めて人間の罪の姿があります。私にはキリストは必要がないという声を聞くのです。結果的に、私たちの罪を取り除いてくださるキリストを拒むのです。最初のクリスマスは、それは小さな灯でした。荒野で夜番をしていた羊飼いたちと異邦人の博士たちに最初のクリスマスは届けられました。そして、羊飼いたちと異邦人博士たちによって、小さな灯はやがて大きな光となって、全世界に広がっていったのです。闇にとどまることに甘んじる人間社会と題して話しました。しかし、あなたが小さなともし火でも灯し続けていれば、神がそれを用いてくださるのです。

クリスマスはこの上もない良い知らせ

キリストはご自分の民に拒絶されました。そのお姿は、最も低くなってこられたキリストです。私たちを支配するのではなく、人々に仕えるものの姿で来られました。貧しい無防備な幼子でした。貧しいものとなって心の貧しい人々を救うために来られたのです。また、ご自身を拒絶する、「救いはいらない」、「私にはキリストは必要がない」、と言う人々に対しても、忍耐を持って待っておられます。それは、私たち罪びとの身代わりとなって十字架でご自身の命をお捨てになったこと。また、ご自身を害するもののために祈られたことからもわかります。キリストは私たちの罪を背負って十字架に付けられるために来て下さり、私たちに代わって死んでくださいました。そして、私たちの命の為に復活して下さったのです。このように、クリスマスはすべての人に罪の赦しと永遠の命を与える、この上もない良い知らせなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です