喜びの人生への招き

2021年12月12日(日)礼拝説教 ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>ルカによる福音書2章1~14節
【新改訳2017】
2:1 そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストゥスから出た。
2:2 これは、キリニウスがシリアの総督であったときの、最初の住民登録であった。
2:3 人々はみな登録のために、それぞれ自分の町に帰って行った。
2:4 ヨセフも、ダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。
2:5 身重になっていた、いいなずけの妻マリアとともに登録するためであった。
2:6 ところが、彼らがそこにいる間に、マリアは月が満ちて、
2:7 男子の初子を産んだ。そして、その子を布にくるんで飼葉桶に寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。
2:8 さて、その地方で、羊飼いたちが野宿をしながら、羊の群れの夜番をしていた。
2:9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
2:10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。見なさい。私は、この民全体に与えられる、大きな喜びを告げ知らせます。
2:11 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
2:12 あなたがたは、布にくるまって飼葉桶に寝ているみどりごを見つけます。それが、あなたがたのためのしるしです。」
2:13 すると突然、その御使いと一緒におびただしい数の天の軍勢が現れて、神を賛美した。
2:14 「いと高き所で、栄光が神にあるように。地の上で、平和がみこころにかなう人々にあるように。」

<要約>

救い主がわからず拒絶してしまう人間

救い主は、生まれた時からご自分の民であるユダヤ人から拒絶されました。そして、最後は、何の罪も見いだせないのに彼らはイエス様を十字架刑にかけたのです。拒絶して抹殺したのです。しかし、神はイエス様を復活させました。その時から二千年以上もたった現代でも、多くの人々が救い主を受け入れていません。神の御子は惨めな場所で惨めな姿でお生まれになりました。それだからこそイエス様はすべての人の救い主となられたのです。最も弱く貧しく小さな者たちの救い主として来て下さったのです。神の力や権利を持って治めることを好まず、へりくだってしもべの姿になり、仕えるものとなって世に来て下さったのです。そのように、多くの人は、救い主は隠れておられることが分からず、この世が価値としていることばかりに目を留めています。結果的に救い主を拒絶してしまうのです。もしあなたがへりくだり あなたの行くところ何処にでもキリストを認めるならば、あなたはまことの幸を得ることができるのです。

万民の救いのためへりくだられた救い主

神の愛が最も明らかにされたのは何だったでしょうか。それは十字架の上でご自身のいのちをお捧げになったことです。全人類の罪を背負い私たちの罪を取り除くため、私たちのすべての罪を赦すためにキリストは来られました。罪のない神が、へりくだりすべての人の罪を背負い、極悪人の一人に数えられることを良しとされたのです。それが、万民の救いのためへりくだられた救い主です。神は最も小さなヨセフとマリヤの家庭に来てくださいました。そして、布に包まれ飼葉桶に寝かされたイエス様は、世には最も小さな存在に見えたでしょう。神も小さなものとして、世の中では最小の存在として現れてくださいました。それは、天のみ位を捨てて最もヘリくだられた神の姿です。異邦人の博士たちに救い主の誕生が届けられたのは、イエス・キリストの救いがイスラエルの民ばかりでなく、万民の救いであることを物語っています。彼らは、素直に信じました。素直に信じた人は人生が変わるのです。本当の喜びを自分のものにすることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です