永遠を見据えて今を生きる

2021年10月17日主日礼拝説教 ハレルヤチャペル滝沢 森田友明

<聖書>Ⅱペテロ3章1~18節
3:1 愛する者たち、私はすでに二通目となる手紙を、あなたがたに書いています。これらの手紙により、私はあなたがたの記憶を呼び覚まして、純真な心を奮い立たせたいのです。
3:2 それは、聖なる預言者たちにより前もって語られたみことばと、あなたがたの使徒たちにより伝えられた、主であり救い主である方の命令を思い出させるためです。
3:3 まず第一に、心得ておきなさい。終わりの時に、嘲る者たちが現れて嘲り、自分たちの欲望に従いながら、
3:4 こう言います。「彼の来臨の約束はどこにあるのか。父たちが眠りについた後も、すべてが創造のはじめからのままではないか。」
3:5 こう主張する彼らは、次のことを見落としています。天は大昔からあり、地は神のことばによって、水から出て、水を通して成ったのであり、
3:6 そのみことばのゆえに、当時の世界は水におおわれて滅びました。
3:7 しかし、今ある天と地は、同じみことばによって、火で焼かれるために取っておかれ、不敬虔な者たちのさばきと滅びの日まで保たれているのです。
3:8 しかし、愛する人たち、あなたがたはこの一つのことを見落としてはいけません。主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。
3:9 主は、ある人たちが遅れていると思っているように、約束したことを遅らせているのではなく、あなたがたに対して忍耐しておられるのです。だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。
3:10 しかし、主の日は盗人のようにやって来ます。その日、天は大きな響きを立てて消え去り、天の万象は焼けて崩れ去り、地と地にある働きはなくなってしまいます。
3:11 このように、これらすべてのものが崩れ去るのだとすれば、あなたがたは、どれほど聖なる敬虔な生き方をしなければならないことでしょう。
3:12 そのようにして、神の日が来るのを待ち望み、到来を早めなければなりません。その日の到来によって、天は燃え崩れ、天の万象は焼け溶けてしまいます。
3:13 しかし私たちは、神の約束にしたがって、義の宿る新しい天と新しい地を待ち望んでいます。
3:14 ですから、愛する者たち。これらのことを待ち望んでいるのなら、しみも傷もない者として平安のうちに神に見出していただけるように努力しなさい。
3:15 また、私たちの主の忍耐は救いであると考えなさい。愛する、私たちの兄弟パウロも、自分に与えられた知恵にしたがって、あなたがたに書き送ったとおりです。
3:16 その手紙でパウロは、ほかのすべての手紙でもしているように、このことについて語っています。その中には理解しにくいところがあります。無知な、心の定まらない人たちは、聖書の他の箇所と同様、それらを曲解して、自分自身に滅びを招きます。
3:17 ですから、愛する者たち。あなたがたは前もって分かっているのですから、不道徳な者たちの惑わしに誘い込まれて、自分自身の堅実さを失わないよう、よく気をつけなさい。
3:18 私たちの主であり、救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。イエス・キリストに栄光が、今も永遠の日に至るまでもありますように。

<要約>

神を認めない人間中心主義の生き方

この世界は「義と愛の神」によって創られました。「義と愛の神」のご性質がこの世界、全宇宙に反映させられています。まったく正しく正義の神、つまり罪のない神、そして、私たち罪びとをご自身の独り子イエスの命に代えて、救おうとなさる愛の神であるということです。不敬虔な者たちとは、神を認めず、恐れず、神を無視し、嘲る人々のことを指します。 不敬虔な者は自らの罪により裁かれ滅びに落とされるのです。この宇宙万物は、神の創造によって始まり、そしてやがて終焉を迎えます。神のご計画が実行されていくのです。被造物である私達には、全てを理解することはできません。しかし、 神は人をご自身の目的のためにお造りになりました。ですから、だれでも人には、神から与えられた生きる目的があるのです。しかし、多くの人々は真の神を無視するためにこの目的を失っています。キリストは、そのような人々を救うために、神が人となって、世に来てくださったのです。さばきと滅びの日が来る前に、すべての人を天の御国に招くために、罪びとを招くために来てくださったのです。

神の日を待ち望む生き方

それに対してペテロは、「愛する者たち」と異邦人クリスチャンに向けて言います。そして、主は、ある人たちが遅れていると思っているように約束したことを遅らせているのではなく、あなたがたに対して忍耐しておられるのです。神は、誰も滅びることがなく全ての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。天地は滅び、私たちの地上の命は失われるでしょう。しかし、神の約束に従って義の宿る新しい天と新しい地を待ち望んでいます。これは、神が約束される天のみ国です。これから試練の時代に入る異邦人クリスチャンに向けて、ペテロは、み言葉を慕い求めること、救い主キリストの教えにとどまること、しみも傷もない純真なものとして信仰と祈りによる堅実な生き方を勧めているのです。そのような恵を覚えて、忍耐深く、今の時を敬虔に生きることこそ、神の日を待ち望む生き方であると思います。その上で、イエス様が私たちに勧めています。神を愛し、人を愛しなさいと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です