イエス・キリストの系図

2021年9月26日主日礼拝 ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>マタイの福音書1章1~21節
1:1 アブラハムの子、ダビデの子、イエス・キリストの系図。
1:2 アブラハムがイサクを生み、イサクがヤコブを生み、ヤコブがユダとその兄弟たちを生み、
1:3 ユダがタマルによってペレツとゼラフを生み、ペレツがヘツロンを生み、ヘツロンがアラムを生み、
1:4 アラムがアミナダブを生み、アミナダブがナフションを生み、ナフションがサルマを生み、
1:5 サルマがラハブによってボアズを生み、ボアズがルツによってオベデを生み、オベデがエッサイを生み、
1:6 エッサイがダビデ王を生んだ。ダビデがウリヤの妻によってソロモンを生み、
1:7 ソロモンがレハブアムを生み、レハブアムがアビヤを生み、アビヤがアサを生み、
1:8 アサがヨシャファテを生み、ヨシャファテがヨラムを生み、ヨラムがウジヤを生み、
1:9 ウジヤがヨタムを生み、ヨタムがアハズを生み、アハズがヒゼキヤを生み、
1:10 ヒゼキヤがマナセを生み、マナセがアモンを生み、アモンがヨシヤを生み、
1:11 バビロン捕囚のころ、ヨシヤがエコンヤとその兄弟たちを生んだ。
1:12 バビロン捕囚の後、エコンヤがシェアルティエルを生み、シェアルティエルがゼルバベルを生み、
1:13 ゼルバベルがアビウデを生み、アビウデがエルヤキムを生み、エルヤキムがアゾルを生み、
1:14 アゾルがツァドクを生み、ツァドクがアキムを生み、アキムがエリウデを生み、
1:15 エリウデがエレアザルを生み、エレアザルがマタンを生み、マタンがヤコブを生み、
1:16 ヤコブがマリアの夫ヨセフを生んだ。キリストと呼ばれるイエスは、このマリアからお生まれになった。
1:17 それで、アブラハムからダビデまでが全部で十四代、ダビデからバビロン捕囚までが十四代、バビロン捕囚からキリストまでが十四代となる。
1:18 イエス・キリストの誕生は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人がまだ一緒にならないうちに、聖霊によって身ごもっていることが分かった。
1:19 夫のヨセフは正しい人で、マリアをさらし者にしたくなかったので、ひそかに離縁しようと思った。
1:20 彼がこのことを思い巡らしていたところ、見よ、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフよ、恐れずにマリアをあなたの妻として迎えなさい。その胎に宿っている子は聖霊によるのです。
1:21 マリアは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方がご自分の民をその罪からお救いになるのです。」

<要約>

罪人を救うために人となったキリスト

系図を通して、キリストはユダヤ人の王、そしてユダヤ人の救い主としてお生まれになりました。それと同時に、異邦人や罪人と言われている人々のために。すなわちすべての人々の救い主であることを物語っています。また、神はありのままの人間を受け入れているということです。そのような罪深い私たちの真ん中にご自身のひとり子イエス様を送ってくださったのです。罪人を救うために人となって来てくださったのです。イスラエルは真の神、力ある全能の神、愛とあわれみの富む神を信頼できず、イスラエルの民は人の知恵や偶像に頼りました。そのような中で、祭司エズラは、これまでのイスラエルの歴史を振り返り、宗教改革を断行します。律法に帰る運動です。エズラの後、宗教指導者たちは、律法に厳格であろうとして、さらに細則を儲けて規則に規則を作るようになりました。十戒をはじめとした律法をとにかく守ることを重要視したのです。 行きつくところ、律法を守ってさえいればよい、という考え方です。心はどうでもよい。それが律法主義です。そして、また、神のみ心から遠く離れるのです。

心砕かれ悔い改めてイエスを信じる

神は、ご自分が選んだイスラエル民族を宝の民としました。それに対してイスラエルは偶像に身をやつし、まことの神からはなれてしまいました。そこに、神の真実を見ると同時に人間の罪深さ、人間の不真実、不誠実を見ることができます。私たちは、自分を罪人と認めてへりくだった信仰こそが神に喜ばれるのです。私たちには目に見えない神を信じ続ける事は難しく、目に見えるものに心を奪われ信頼を置きやすい弱さを持っています。私たちの罪が赦されるためには誰かが身代わりとなって罪の刑罰を受けなければなりません。神は人間を罪の裁きから救うために、神の一人子であるイエス・キリストを十字架につけ、私たちの身代わりとして、その十字架の血によって私たちの罪を赦すという驚くべき救いの道を備えてくださったのです。それがキリストが世にこられた目的です。キリストはあなたの苦しみと困難のただ中に来てくださいます。否、これまでもキリストはあなたのところへ来て下さっていたのです。でも、あなたはそれに気付かなかったのです。 砕かれた、悔いた心を持って、イエス様を信じることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です