約束と信仰と救い

2020年10月25日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>ガラテヤ3章15~29節
3:15 兄弟たちよ、人間の例で説明しましょう。人間の契約でも、いったん結ばれたら、だれもそれを無効にしたり、それにつけ加えたりはしません。
3:16 約束は、アブラハムとその子孫に告げられました。神は、「子孫たちに」と言って多数を指すことなく、一人を指して「あなたの子孫に」と言っておられます。それはキリストのことです。
3:17 私の言おうとしていることは、こうです。先に神によって結ばれた契約を、その後四百三十年たってできた律法が無効にし、その約束を破棄することはありません。
3:18 相続がもし律法によるなら、もはやそれは約束によるのではありません。しかし、神は約束を通して、アブラハムに相続の恵みを下さったのです。
3:19 それでは、律法とは何でしょうか。それは、約束を受けたこの子孫が来られるときまで、違反を示すためにつけ加えられたもので、御使いたちを通して仲介者の手で定められたものです。
3:20 仲介者は、当事者が一人であれば、いりません。しかし約束をお与えになった神は唯一の方です。
3:21 それでは、律法は神の約束に反するのでしょうか。決してそんなことはありません。もし、いのちを与えることができる律法が与えられたのであれば、義は確かに律法によるものだったでしょう。
3:22 しかし聖書は、すべてのものを罪の下に閉じ込めました。それは約束が、イエス・キリストに対する信仰によって、信じる人たちに与えられるためでした。
3:23 信仰が現れる前、私たちは律法の下で監視され、来たるべき信仰が啓示されるまで閉じ込められていました。
3:24 こうして、律法は私たちをキリストに導く養育係となりました。それは、私たちが信仰によって義と認められるためです。
3:25 しかし、信仰が現れたので、私たちはもはや養育係の下にはいません。
3:26 あなたがたはみな、信仰により、キリスト・イエスにあって神の子どもです。
3:27 キリストにつくバプテスマを受けたあなたがたはみな、キリストを着たのです。
3:28 ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由人もなく、男と女もありません。あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって一つだからです。
3:29 あなたがたがキリストのものであれば、アブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです。

<要約>

信仰は神につながる鉄パイプ:

私たちは誰でもイエス様を信じるときに、この太いパイプで父なる神とつながります。この太いパイプはイエス様といえます。神の持っておられる永遠のいのちにつながっていますので、この肉体の死は絶望でなくなります。たとえ、死に瀕しても祝福をいただくことができるのです。神はどんなに大きな罪があってもそれを悔い改めて神に告白するならば、十字架のゆえに赦してくださいます。そして私たちをきよめてくださるのです。イエス様という強い鉄パイプがあるので、どんな暗いトンネルに閉じ込められるような人生経験、たとえば、重い病気、大きな試練、を経験しても大丈夫です。神の愛があなたを取り囲んでいるからです。イエス様を信じてこの鉄パイプを自分のものとしてください。

約束による救いと祝福:

神は私たちを無条件で愛してくださっています。世界をおつくりになって統べ治めておられる神は私たちの生命に絶対必要な空気や太陽、水など無料で提供してくださっています。神は私たちの命を保っていてくださいます。人間は自分で生きているように思っていますが、絶対必要なものが常に与えられていることを忘れているのです。この「約束」とは、祝福と救いの約束ということができます。その約束が、アブラハムの子孫であるキリストに相続されました。神は、キリストによって約束されたこの特別な祝福と救いをみんなに受け取ってもらいたいと提供しているのです。

信仰によって受け取る約束:

律法は私たちに罪を指摘し、イエス様の救いに連れて行く働きをします。ここでは養育係にたとえています。養育係は子どもを監督し、教師のところへ連れて行く働きをしていました。律法は私たちをイエス様へと向かわせるのです。そして、イエス様が現れた以上、私たちは養育係すなわち律法の下にはいないということです。養育係を離れてイエス様に向うのです。そして、イエス様を信じる信仰によって祝福と救いを受け取るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です