使徒の働き・主役は聖霊

2020年6 月21日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>使徒の働き19章8~20節

【新改訳2017】
使
19:8 パウロは会堂に入って、三か月の間大胆に語り、神の国について論じて、人々を説得しようと努めた。
19:9 しかし、ある者たちが心を頑なにして聞き入れず、会衆の前でこの道のことを悪く言ったので、パウロは彼らから離れ、弟子たちも退かせて、毎日ティラノの講堂で論じた。
19:10 これが二年続いたので、アジアに住む人々はみな、ユダヤ人もギリシア人も主のことばを聞いた。
19:11 神はパウロの手によって、驚くべき力あるわざを行われた。
19:12 彼が身に着けていた手ぬぐいや前掛けを、持って行って病人たちに当てると、病気が去り、悪霊も出て行くほどであった。
19:13 ところが、ユダヤ人の巡回祈祷師のうちの何人かが、悪霊につかれている人たちに向かって、試しに主イエスの名を唱え、「パウロの宣べ伝えているイエスによって、おまえたちに命じる」と言ってみた。
19:14 このようなことをしていたのは、ユダヤ人の祭司長スケワという人の七人の息子たちであった。
19:15 すると、悪霊が彼らに答えた。「イエスのことは知っているし、パウロのこともよく知っている。しかし、おまえたちは何者だ。」
19:16 そして、悪霊につかれている人が彼らに飛びかかり、皆を押さえつけ、打ち負かしたので、彼らは裸にされ、傷を負ってその家から逃げ出した。
19:17 このことが、エペソに住むユダヤ人とギリシア人のすべてに知れ渡ったので、みな恐れを抱き、主イエスの名をあがめるようになった。
19:18 そして、信仰に入った人たちが大勢やって来て、自分たちのしていた行為を告白し、明らかにした。
19:19 また魔術を行っていた者たちが多数、その書物を持って来て、皆の前で焼き捨てた。その値段を合計すると、銀貨五万枚になった。
19:20 こうして、主のことばは力強く広まり、勢いを得ていった。

<要約>

聖霊の働きと奇跡

①聖霊は人とみことばを用いてイエスの福音を人々へ届ける

②聖書が完成される前の時代、奇跡は福音を信じる助けとなった

③現代は聖書が完成しているので聖霊はみことばと共に働いて人を信仰に導く

④最大の奇跡は、罪びとが悔い改めて主イエスを信じること

神を恐れ罪を悔い改め生きる

①人は神から遠く離れてしまったために神を恐れなくなった

②神を恐れなくなったために人は自分中心に生きている

③イエスは失われた人を探して救うために来られた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です