新しい天と新しい地

2020年3 月15日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>黙示録21章1~8節
21:1 また私は、新しい天と新しい地を見た。以前の天と以前の地は過ぎ去り、もはや海もない。
21:2 私はまた、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために飾られた花嫁のように整えられて、神のみもとから、天から降って来るのを見た。
21:3 私はまた、大きな声が御座から出て、こう言うのを聞いた。「見よ、神の幕屋が人々とともにある。神は人々とともに住み、人々は神の民となる。神ご自身が彼らの神として、ともにおられる。
21:4 神は彼らの目から涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、悲しみも、叫び声も、苦しみもない。以前のものが過ぎ去ったからである。」
21:5 すると、御座に座っておられる方が言われた。「見よ、わたしはすべてを新しくする。」また言われた。「書き記せ。これらのことばは真実であり、信頼できる。」
21:6 また私に言われた。「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。わたしは渇く者に、いのちの水の泉からただで飲ませる。
21:7 勝利を得る者は、これらのものを相続する。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。
21:8 しかし、臆病な者、不信仰な者、忌まわしい者、人を殺す者、淫らなことを行う者、魔術を行う者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者たちが受ける分は、火と硫黄の燃える池の中にある。これが第二の死である。」

<要約>

神が共に住み悪いものは過ぎ去る:

  • やがて今の世は過ぎ去り、新天新地が創造されます。
  • 新天新地には永遠の住みか新しいエルサレムが準備されます。
  • 十字架を信じ罪赦されてシミも汚れも除かれた聖なる者が新しいエルサレムに招かれます。
  • そこでは一切の悪や罪は過ぎ去り神と人が共に住むこと。それは神の目的です。

聖書の約束は成就しこの世の終わりの時が来ます。信じる者には、新しいいのちの始まりです。誰でも、第一の死を通過しなければなりません。しかし、その後、信じる者は復活し、新天新地で新しいエルサレムで永遠を過ごすのです。悲しみ、苦しみは過ぎ去り、喜びと感謝があふれている新しいいのちです。

すべてが新しくされ信者は勝利の中に永遠の御国に入る

  • 神は常に新しい創造をなさっています。キリストを信じた者は新しく生まれたものです。
  • 真の勝利者は自分の罪を認めて自分に死んで神を見上げて救われる人です。
  • キリストは最初であり終わりです。万物の創造者であり、存在の目的でもあります。いのちの根源です。

キリストは世を救うために来られました。そして、すべての人の罪を贖うために2千年前に十字架で身代わりの死を遂げました。それは、「あなたがあなたの罪ゆえに滅ぼされることのないためです。キリストはあなたが受けるべき罪の罰を代わりに受けてくださったことによります。」やがて、キリストは審判者として来られます。それまでの、時代は「恵みの時代、救いの日」であると聖書は宣言しています。今日、イエス・キリストをあなたの救い主として信じてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です