悲しみと失意を喜びと希望に

2019年09月22日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>ルツ記2章1~13節
2:1 さて、ナオミには、夫エリメレクの一族に属する一人の有力な親戚がいた。その人の名はボアズであった。
2:2 モアブの女ルツはナオミに言った。「畑に行かせてください。そして、親切にしてくれる人のうしろで落ち穂を拾い集めさせてください。」ナオミは「娘よ、行っておいで」と言った。
2:3 ルツは出かけて行って、刈り入れをする人たちの後について畑で落ち穂を拾い集めた。それは、はからずもエリメレクの一族に属するボアズの畑であった。
2:4 ちょうどそのとき、ボアズがベツレヘムからやって来て、刈る人たちに言った。「【主】があなたがたとともにおられますように。」彼らは、「【主】があなたを祝福されますように」と答えた。
2:5 ボアズは、刈る人たちの世話をしている若い者に言った。「あれはだれの娘か。」
2:6 刈る人たちの世話をしている若い者は答えた。「あれは、ナオミと一緒にモアブの野から戻って来たモアブの娘です。
2:7 彼女は『刈る人たちの後について、束のところで落ち穂を拾い集めさせてください』と言いました。ここに来て、朝から今までほとんど家で休みもせず、ずっと立ち働いています。」
2:8 ボアズはルツに言った。「娘さん、よく聞きなさい。ほかの畑に落ち穂を拾いに行ってはいけません。ここから移ってもいけません。私のところの若い女たちのそばを離れず、ここにいなさい。
2:9 刈り取っている畑を見つけたら、彼女たちの後について行きなさい。私は若い者たちに、あなたの邪魔をしてはならない、と命じておきました。喉が渇いたら、水がめのところに行って、若い者たちが汲んだ水を飲みなさい。」
2:10 彼女は顔を伏せ、地面にひれ伏して彼に言った。「どうして私に親切にし、気遣ってくださるのですか。私はよそ者ですのに。」
2:11 ボアズは答えた。「あなたの夫が亡くなってから、あなたが姑にしたこと、それに自分の父母や生まれ故郷を離れて、これまで知らなかった民のところに来たことについて、私は詳しく話を聞いています。
2:12 【主】があなたのしたことに報いてくださるように。あなたがその翼の下に身を避けようとして来たイスラエルの神、【主】から、豊かな報いがあるように。」
2:13 彼女は言った。「ご主人様、私はあなたのご好意を得たいと存じます。あなたは私を慰め、このはしための心に語りかけてくださいました。私はあなたのはしための一人にも及びませんのに。」

<要約>

麗しい人間関係の土台:

嫁と姑は一般的には仲良くなれないことが多いのです。大げさではなく、嫁姑の関係は、人類の永遠の課題であると言えます。信仰の父と呼ばれるアブラハムの子のイサクの妻リベカも、長男エソウの嫁のことで、悩んでいたという記事があります。それは、聖書にみられる嫁姑の事例です。嫁姑の問題を見ましたが、信仰の父といわれるアブラハムも親子の問題、夫婦の問題で苦労しました。このように、私たちクリスチャンも嫁姑の問題、親子の問題でつまずくのです。私たちは最も近い隣人である親子の人間関係から発して、兄弟関係、夫婦関係、嫁姑の関係など絶えず問題を抱えています。それは、結局のところ私たち人間は自分中心で、他人のことを優先して考えることができないところにその原因があるのです。イエス様が言われた「あなたの隣人をあなたと同様に愛しなさい」という道徳律法を現実には守ることができないのが私たちの姿です。それは私たち人間の罪ということができます。ですから、ルツのナオミに対する誠意のある言葉は、私たちの普通の心からは出てこない言葉なのです。信仰によってしか生まれてこない言葉です。それは、私たち信者がキリストに対する誠意を表す言葉ということができます。ですから、麗しい人間関係の土台は信仰であると言えます。

喜びの交換:

ベツレヘムに着いたナオミとルツは、食べていくために早速落穂ひろいに行きます。ルツが仕事を始めていると、ちょうどその時、ボアズがやってきました。ルツとボアズの出会いは実に美しく絵になる情景であったと思います。やがて二人は結婚して、男の子が与えられました。その名はオベデ。オベデはダビデの父エッサイの父と書いています。ダビデのおじいさんということです。そしてダビデの子孫にイエス・キリストがお生まれになるのです。ルツ記は、ハッピーエンドです。信仰によって決断していく人はハッピーエンドです。信仰者はどんなことがあっても最後は、ハッピーエンドの人生なのです。私たちに約束されている天国の希望と祝福は永遠のものです。そのことが本当に分かると、この世の束の間の苦しみは取るに足りないものとなるのです。私たちはナオミやルツのように失意や苦しみに会うことがあります。その様な時こそ、神はあわれみと祝福の御手を伸べていてくださるということを覚えたいと思います。ボアズに買い取られたルツの幸いは、キリストに代価を払って買い取られた私たち信者の幸いを映しています。ボアズとルツは結婚して夫婦になりました。ボアズとルツの関係はキリストと教会の関係を示しています。夫婦のきずなは一心同体です。教会である私たち一人ひとりとキリストの関係は、一心同体です。夫婦では、夫あるいは妻の苦しみは双方の苦しみとなり、夫あるいは妻の喜びは双方の喜びとなるのです。ルツが夫を亡くした悲しみや苦しみは、ボアズによってすっかり拭い去られて、逆に喜びに変えられたのです。私たちもキリストにより私たちの持っているマイナスはすべてプラスに変えられるのです。ルターは、キリストとの結合を「わたしとキリストは膠でくっついている。」と表現しています。キリストと信者とは一体であり、一人の人格となり、分離することができないというのです。一体となったキリストと私の間には喜びの交換がなされるのです。すなわち、キリストにある勝利、義、いのちなどが私のものになるのです。逆に、私の罪や死などはキリストのものとなっているからです。それは、大変な負債を抱えた貧しい娘が、巨万の富を持つ王子と結婚するようなものです。貧しい娘の負債は全くなくなり、娘は王女としての身分、そして富や豊かさを全部もらうのと同じです。これを喜びの交換と言います。キリストを信じてキリストにつく者とされた私たちは、喜びの交換を体験しているのです。あなたの持つ悲しみと失意は、キリストのものとなりやがて溶け去ります。逆に、キリストの喜びと希望があなたの中に宿るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です