家族危機と救いの幻

2019年09月01日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>創世記37章1~11節
37:1 さて、ヤコブは父の寄留の地、カナンの地に住んでいた。
37:2 これはヤコブの歴史である。ヨセフは十七歳のとき、兄たちとともに羊の群れを飼っていた。彼はまだ手伝いで、父の妻ビルハの子らやジルパの子らとともにいた。ヨセフは彼らの悪いうわさを彼らの父に告げた。
37:3 イスラエルは、息子たちのだれよりもヨセフを愛していた。ヨセフが年寄り子だったからである。それで彼はヨセフに、あや織りの長服を作ってやっていた。
37:4 ヨセフの兄たちは、父が兄弟たちのだれよりも彼を愛しているのを見て、彼を憎み、穏やかに話すことができなかった。
37:5 さて、ヨセフは夢を見て、それを兄たちに告げた。すると彼らは、ますます彼を憎むようになった。
37:6 ヨセフは彼らに言った。「私が見たこの夢について聞いてください。
37:7 見ると、私たちは畑で束を作っていました。すると突然、私の束が起き上がり、まっすぐに立ちました。そしてなんと、兄さんたちの束が周りに来て、私の束を伏し拝んだのです。」
37:8 兄たちは彼に言った。「おまえが私たちを治める王になるというのか。私たちを支配するというのか。」彼らは、夢や彼のことばのことで、ますます彼を憎むようになった。
37:9 再びヨセフは別の夢を見て、それを兄たちに話した。彼は、「また夢を見ました。見ると、太陽と月と十一の星が私を伏し拝んでいました」と言った。
37:10 ヨセフが父や兄たちに話すと、父は彼を叱って言った。「いったい何なのだ、おまえの見た夢は。私や、おまえの母さん、兄さんたちが、おまえのところに進み出て、地に伏しておまえを拝むというのか。」
37:11 兄たちは彼をねたんだが、父はこのことを心にとどめていた。

<要約>

差別、ねたみ、憎しみ、殺意:

ヤコブの偏愛、差別によって、このヤコブの家庭には、子どもたちの不満や怒りがありました。このように、神の選びの民となるの家族の始まりは、惨憺たるものです。聖書は人間のありのままの姿を描いています。罪と争いの火種を持った家族に対して、神はその争いに直接介入することをなさいません。人間の罪によって最悪の状況に向かっていても神はそれをなお用いて、神のご計画を成就なさるのです。ヤコブ家では、家族機能が低下していました。そのような中で、ヨセフは、自分が見た二つの夢を家族に話しました。ヨセフの夢を聞いて、兄弟たちのヨセフに対する憎しみは尋常でないレベルに上がりました。兄たちのヨセフに対するねたみと殺意をはっきりと読み取ることができます。そして結果的にはヨセフはエジプトへ向かう商人の一行に売り飛ばされたのです。神の民とされたイスラエルの最初の家庭は問題がありました。それは、家族間の偏愛による差別、ねたみ、憎しみ、殺意でありました。これは、すべての人間関係の問題で全世界に広がり個人ばかりでなく民族、国家に及んでいます。人間の根底にある罪です。

愛、赦し、和解、救い:

この後、ヨセフは牢獄につながれました。ある時、パロのみた夢を解き明かして、エジプトは救われたのです。そして、ヨセフはエジプトのパロに次ぐ人物となったのです。やがて飢きんのためにヨセフの兄弟たちがエジプトに食料を買いにやってきました。そこで、ヨセフの夢が成就したのです。ヨセフは兄たちの憎しみ、殺意に代えて赦しと愛を返しました。兄たちと和解をしてイスラエルを救ったのです。ヨセフはイエス・キリストのひな型であるとされています。ヨセフの生涯はイエス様の生涯に似ています。イエス・キリストは人類の救いのために最も貧しい人間として生まれ、罪のないお方なのに人間のすべての罪を着せられて裁かれて十字架につけられ死んで葬られました。しかし、死人の内から復活し天に昇られて神の右に着かれました。万物の王であり支配者となられました。国家民族、地域社会、家庭、そして個人の中にも、キリストの十字架による罪の赦しは提供されています。神は、人が持つ憎しみ、殺意、に代えて、キリストにより愛と赦しと和解の福音を提供しておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です