祝福を下さらなければ引き下がりません

2019年07月28日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>創世記32章1~5、22~32節

32:1 さて、ヤコブが旅を続けていると、神の使いたちが彼に現れた。
32:2 ヤコブは彼らを見たとき、「ここは神の陣営だ」と言って、その場所の名をマハナイムと呼んだ。
32:3 ヤコブは、セイルの地、エドムの野にいる兄のエサウに、前もって使いを送った。
32:4 ヤコブは彼らに命じた。「私の主人エサウにこう伝えなさい。『あなた様のしもべヤコブがこう申しております。私はラバンのもとに寄留し、今に至るまでとどまっていました。
32:5 私には牛、ろば、羊、それに男女の奴隷がおります。それで私の主人であるあなた様にお知らせして、ご好意を得ようと使いをお送りしました。』」


32:22 その夜、彼は起き上がり、二人の妻と二人の女奴隷、そして十一人の子どもたちを連れ出し、ヤボクの渡し場を渡った。
32:23 彼らを連れ出して川を渡らせ、また自分の所有するものも渡らせた。
32:24 ヤコブが一人だけ後に残ると、ある人が夜明けまで彼と格闘した。
32:25 その人はヤコブに勝てないのを見てとって、彼のももの関節を打った。ヤコブのももの関節は、その人と格闘しているうちに外れた。
32:26 すると、その人は言った。「わたしを去らせよ。夜が明けるから。」ヤコブは言った。「私はあなたを去らせません。私を祝福してくださらなければ。」
32:27 その人は言った。「あなたの名は何というのか。」彼は言った。「ヤコブです。」
32:28 その人は言った。「あなたの名は、もうヤコブとは呼ばれない。イスラエルだ。あなたが神と、また人と戦って、勝ったからだ。」
32:29 ヤコブは願って言った。「どうか、あなたの名を教えてください。」すると、その人は「いったい、なぜ、わたしの名を尋ねるのか」と言って、その場で彼を祝福した。
32:30 そこでヤコブは、その場所の名をペヌエルと呼んだ。「私は顔と顔を合わせて神を見たのに、私のいのちは救われた」という意味である。
32:31 彼がペヌエルを通り過ぎたころ、太陽は彼の上に昇ったが、彼はそのもものために足を引きずっていた。
32:32 こういうわけで、イスラエルの人々は今日まで、ももの関節の上の、腰の筋を食べない。ヤコブが、ももの関節、腰の筋を打たれたからである。

<要約>

マハナイム、背後で守る神:

ヤコブはここに来て、多くの神の使いを見たのです。そこをマハナイムと呼びました。それは「二つの陣営、または二つの宿営」という意味です。神はマハナイムを用意されました。それは、神の二つの陣営がヤコブの二つの宿営を守ることを暗示しています。神はヤコブに生まれ故郷である約束の地に彼が入る前に、すなわち、今ここで、ヤコブが、イスラエルの父となるための必要な最初の関門を通過するために、神が導いてくださったのです。それは兄エソウとの和解でした。そして次の日の朝、プレゼントを用意するのです。兄エソウの怒りを和らげようと考えたのです。ヤコブは不安でした。恐れました。そして神に祈りました。神が背後で働かれ、十分な準備をしました。神は、私たちに祈り求めるように命令しております。苦難の中で祈り続けます。そうすれば、最後に「神は真実なかたである」という確信に行きつくのです。それが祈りの力です。

貪欲に神を求める祝福:

ヤコブは一人ヤボク川の渡しに残って再び祈り始めました。その時、神の陣営から一人の人がヤコブのところに近づいてきました。それは主の使いでした。彼が通り過ぎて行こうとするので、ヤコブは力づくで彼を引き留めました。何とか自分と自分の家族を守ってほしいと力ずくで迫ったのです。そこで、二人は取っ組み合いとなりました。一晩中戦いましたが、勝負がつきません。するとその人は、ヤコブの腿を打ってから、やっと口を開いて私を去らせなさいと云いました。ヤコブは、いいえ、私を祝福してくださらなければ放しません、と必死にしがみついたのです。その人は言いました。「あなたはこれからイスラエルと呼ばれる。あなたは神と戦い、人と戦い勝利したからだ。」その人は、ヤコブを祝福して立ち去りました。み使いは、彼の腿のつがいを打ったら腿のつがいが外れた、とあります。それはヤコブの自我ということができるでしょう。自分が自分がという、自分中心に気付き勝利したのです。ヤコブは神様の祝福を貪欲に求め見事にそれを得たのです。神は、あなたの悩みにこたえ、あなたに祝福の雨をそそぎたいのです。ヤコブはエソウと会い、和解がなされました。実はこの和解こそイエス様が十字架にお掛りになった目的です。十字架の目的は人が神と和解することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です