神の一方的な選びと祝福

2019年06月2日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

<聖書>創世記12章1~9節

12:1 【主】はアブラムに言われた。「あなたは、あなたの土地、あなたの親族、あなたの父の家を離れて、わたしが示す地へ行きなさい。
12:2 そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとする。あなたは祝福となりなさい。
12:3 わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたを呪う者をのろう。地のすべての部族は、あなたによって祝福される。」
12:4 アブラムは、【主】が告げられたとおりに出て行った。ロトも彼と一緒であった。ハランを出たとき、アブラムは七十五歳であった。
12:5 アブラムは、妻のサライと甥のロト、また自分たちが蓄えたすべての財産と、ハランで得た人たちを伴って、カナンの地に向かって出発した。こうして彼らはカナンの地に入った。
12:6 アブラムはその地を通って、シェケムの場所、モレの樫の木のところまで行った。当時、その地にはカナン人がいた。
12:7 【主】はアブラムに現れて言われた。「わたしは、あなたの子孫にこの地を与える。」アブラムは、自分に現れてくださった【主】のために、そこに祭壇を築いた。
12:8 彼は、そこからベテルの東にある山の方に移動して、天幕を張った。西にはベテル、東にはアイがあった。彼は、そこに【主】のための祭壇を築き、【主】の御名を呼び求めた。
12:9 アブラムはなおも進んで、ネゲブの方へと旅を続けた。

<要約>

神は他の人ではなくあなたを選ばれる:

アブラムが神に選ばれた理由は書いていません。アブラハムを通して地上のすべての民族を祝福すると言われました。それと同じように、神はあなたに目を留め、あなたを祝福の伝達者、祝福の基とするというのです。神は個人的にあなたという人を選んでくださいました。アブラハムは、偉大な信仰者、信仰の父とも言われていますが、初めから、そうではありませんでした。徹底して、神を信頼しきった人生でした。希望を持ち続け、それにより信仰が建て挙げられたのです。私たちもアブラハムのように、神をどこまでも信頼していきましょう。

神があなたに与える祝福とは:

神に従うアブラムに、神は繁栄の約束を与えました。アブラハムの祝福を受け継ぐクリスチャンである私たちにも、神は天にある豊かなあふれる富をお与えになります。そして、「あなたを祝福する者を神は祝福し、あなたを呪うものを神は呪う」と宣言されました。イエス・キリストに頼るものはどんな時も圧倒的な勝利者となるのです。次に、神の祝福は、罪の赦しと永遠のいのちです。それは、アブラハムの子孫イエス・キリストにより与えられるものです。神は、あなたを愛し、神のひとり子イエス・キリストによって救いの道を用意してくださいました。キリストにより罪赦されて永遠のいのちに生かされているからです。

神の選びと祝福を受けた者の応答:

繁栄と勝利の祝福を受けたアブラハムは、どうしたでしょうか。彼は主のために祭壇を築き、主の御名によって祈ったと書いています。これが、神の約束を受けた者の応答です。イスラエルは祭司の民とも言われています。祭壇を築き、神を礼拝し、とりなしをしたのです。イスラエルの国家としてのスピリットは、世界の人々の破れ口に立つということです。ですから、他国の災害時にはいの一番に救助隊を送って最新の技術で救助します。また、イスラエルは技術国家として、様々な世界平和に寄与する先端技術を開発しています。同様に、霊的なイスラエルの民であるクリスチャンは、全国民の祝福の基となる人々です。神は、あなたを用いて、あなたの周りの人々を驚くべき光の中に招かれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です