何にも勝るプレゼント、聖霊

2019年05月12日
説教者:ハレルヤチャペル滝沢牧師  森田友明

聖書:使徒の働き2章1~11,36~42節

2:1 五旬節の日になって、皆が同じ場所に集まっていた。
2:2 すると天から突然、激しい風が吹いて来たような響きが起こり、彼らが座っていた家全体に響き渡った。
2:3 また、炎のような舌が分かれて現れ、一人ひとりの上にとどまった。
2:4 すると皆が聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、他国のいろいろなことばで話し始めた。
2:5 さて、エルサレムには、敬虔なユダヤ人たちが、天下のあらゆる国々から来て住んでいたが、
2:6 この物音がしたため、大勢の人々が集まって来た。彼らは、それぞれ自分の国のことばで弟子たちが話すのを聞いて、呆気にとられてしまった。
2:7 彼らは驚き、不思議に思って言った。「見なさい。話しているこの人たちはみな、ガリラヤの人ではないか。
2:8 それなのに、私たちそれぞれが生まれた国のことばで話を聞くとは、いったいどうしたことか。
2:9 私たちは、パルティア人、メディア人、エラム人、またメソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントスとアジア、
2:10 フリュギアとパンフィリア、エジプト、クレネに近いリビア地方などに住む者、また滞在中のローマ人で、
2:11 ユダヤ人もいれば改宗者もいる。またクレタ人とアラビア人もいる。それなのに、あの人たちが、私たちのことばで神の大きなみわざを語るのを聞くとは。」


2:36 ですから、イスラエルの全家は、このことをはっきりと知らなければなりません。神が今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」
2:37 人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち、私たちはどうしたらよいでしょうか」と言った。
2:38 そこで、ペテロは彼らに言った。「それぞれ罪を赦していただくために、悔い改めて、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。
2:39 この約束は、あなたがたに、あなたがたの子どもたちに、そして遠くにいるすべての人々に、すなわち、私たちの神である主が召される人ならだれにでも、与えられているのです。」
2:40 ペテロは、ほかにも多くのことばをもって証しをし、「この曲がった時代から救われなさい」と言って、彼らに勧めた。
2:41 彼のことばを受け入れた人々はバプテスマを受けた。その日、三千人ほどが仲間に加えられた。
2:42 彼らはいつも、使徒たちの教えを守り、交わりを持ち、パンを裂き、祈りをしていた。

要約:

聖霊は復活のいのちに繋ぐ:

聖霊降臨の時、激しい風、あるいは炎のような分かれた舌、という象徴的な現象が表れました。そして、聖霊が各人にとどまったときに、彼らは聖霊が話させる通りに他国語で話し出したのです。さらに、ペテロはダビデ王の詩編16編の詩を引用して、自分たちはキリストの復活の証人であると明言しました。そして、聖霊はキリストの復活の証人である信者を用いて福音を全世界に届けるのです。聖霊は、聖書のみことばと共に人々に働いて、人々が福音を理解できるようにします。聖霊は、信じて洗礼を受ける人の中に住んでくださいます。そして、聖霊はあなたの人生を希望と喜びの人生に導いてくださいます。そして、聖霊は信じる者をキリストの復活のいのちに結び付けます。それは永遠のいのちです。

聖霊は罪と死の束縛から救う:

ペテロは大胆に、聴衆に言います。「あなた方はイエス・キリストを十字架につけたのだ」と。人が神を無視し神から遠く離れていること、それが根源にある罪です。群衆は心刺されて、「兄弟たち、私たちはどういたらよいのでしょうか」といいました。彼らは、罪を悔いて痛み悲しんだのです。自分の罪を認めたのです。ペテロが勧めているように、すべての人は自分の罪を認めて、悔い改めてキリストを信じて洗礼を受けることです。そうすれば、賜物として聖霊を受けるというのです。聖霊はキリストの十字架の血によってあなたの罪を赦し永遠のいのちに生かします。死は絶望ではなく、永遠のいのちへの門と言えます。こうして信じる者は罪と死と罪の束縛から救われているのです

聖霊は永遠の希望と喜びで満たす:

なぜ、人は心満たすものを求めるのでしょうか。神から離れ、神のいのちを失った人間には人格の中心に空洞ができています。アウグスチヌスは、その空洞はあなたを造られた神しか満たすことはできないと言いました。永遠に、そして完全にあなたの心の空洞を満たすことのできるのは神である聖霊です。そして、聖霊は、決して消えない、喜びを与えます。それは、世にはないものです。いつまでも残るものです。もし、聖霊を意識して、心開くなら、あなたの心の奥深くに、あなたの存在の根底に、決して消えない喜びを持つことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です