受胎告知

2017年12月 10日(日)主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>ルカによる福音書1章26~38節
1:26 ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。
1:27 この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった。
1:28 御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」
1:29 しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。
1:30 すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。
1:31 ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。
1:32 その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。
1:33 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」
1:34 そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」
1:35 御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。
1:36 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。
1:37 神にとって不可能なことは一つもありません。」
1:38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

<要約>

窮地に陥った時:

御使いは、突然、「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられます」「ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。(イエスそれは、救い主という意味です。)」と。マリヤには自分ではどうすることもできないことが自分の身に降りかかってきたのです。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」とマリヤは反論します。それは、突然のことで、この御使いの言葉は、全く受け入れられないことだったと思います。結婚していないのにどうして?マリヤは何が何だかわからない。混乱の中に突き落とされたのです。御使いは、応えます。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。神にとって不可能なことは一つもありません。」と。天使ガブリエルは半年前、不妊の女性エリザベツの夫ザカリヤに現われ、エリザベツが懐妊すること告げました。それが、その通りになって、今は6か月になっていました。天使はその例をとって、神には不可能はないと話したのです。これは、マリヤにとって大きな励ましとなりました。神は、窮地に陥ったマリヤのために、マリヤを励ます親類で妊婦のエリザベツを用意してくださったのです。マリヤには、受胎について、天使から長い説明はありませんでした。天使の「神にとって不可能なことは何一つありません」という言葉を聞いて、「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」と返事をしたのです。聖霊によって身ごもった。普通の妊娠のように男女の交わりもなく、突然、神の御使いがやってきて、「聖霊によって、聖なる者、神の子を身ごもり生む」というのです。このことによって、今後何が起こるかマリヤは分からなかったでしょう。予測もできなかったでしょう。ただ、マリヤはヨセフのことが気にかかり、マリヤの両親や家族、ナザレの人々のことが気になったでしょう。たくさんの不安があります。しかし、すべてのことは、「神にとって不可能なことは何一つありません」なのです。マリヤは折々に神の助けがあることを確信していたと思います。信仰にはたくさんの説明はいりません。「神にとって不可能なことは何一つない」ことを信じることです。マリヤは御使いの言葉で、すべてを神にゆだねる決心をしました。これは単純な真理です。信仰は難しいことではありません。「神にとって不可能なことは一つもありません。」というみことばの一言です。私たちクリスチャンは様々な試練やサタンの誘惑を受けます。しかし、この一言に立つか立たないかで、あなたの人生は変わります。

マリヤの信仰に倣う:

マリヤはどういう女性だったのでしょうか。ナザレの田舎の貧しい普通の女性でした。しかし、マリヤは旧約聖書を知っていたと思います。それは、マリヤの賛歌と呼ばれている詩からわかります。最後のところ、「私たちの父祖たち、アブラハムとその子孫に語られた通りです」と結んでいます。すなわち、アブラハム契約を知っていました。マリヤは、神がアブラハムに与えた約束、つまり、イスラエル民族を星の数ほど増やし、アブラハムとその子孫を通して、全民族を祝福するという約束を知っていたのです。アブラハムとその子孫というのは、キリストであるとパウロはいっています。世界の全民族を祝福するというアブラハムへの約束はその子孫であるキリストによって成就したのです。マリヤは、このキリストの母となることを神の大きな恵としてとらえました。また、神の使いがヨセフに夢の中で語られました。マリヤの胎に宿っているのは、聖霊によるのだから、離縁してはいけない、マリヤを受け入れなさいと。では、マリヤは特別な人だったのでしょうか?特別な使命を与えられた選ばれた人といえます。しかし、後世の人が、マリヤは特別な人間として、神格化しようとするのは誤りです。マリヤは彼女の功績によって救い主の母となったのではありません。これは、全くの神の恵み、一方的な神の主権の中でなされたことです。イエス様を出産した後のマリヤについては、彼女は聖書の表舞台には姿を現さなかったようです。マリヤから私たちは何を学ぶのでしょうか。マリヤは特別な人間ではなかったということです。しかし、彼女の信仰は素晴らしいです。それは、ひとえに「神にとって不可能なことは一つもありません。」という信仰にしっかり立ったことです。そして、「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」と言ったのでした。何という信仰でしょうか。この中にマリヤの神に対する絶対服従という命がけの信仰を見ます。このような信仰を神は裏切るはずはありません。マリヤは、真の謙遜な生涯を送りました。そして、世界中の人々の尊敬を集め、神の光栄をあふれるばかり受けているのです。ここに信仰の模範としてのマリヤがあります。

王なるキリストの国:

「ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。(イエスそれは、救い主という意味です。)その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」と。これは、マリヤに与えられたメシヤ預言です。このメシヤ預言には救い主は必ずダビデの王位を継ぐもの、あるいはダビデの子であると、ずっと信じられてきました。最初のメシヤ預言はダビデ王に与えられました。そのみことばを読んでみましょう。「あなた(ダビデ)の日数が満ち、あなたがあなたの先祖たちとともに眠るとき、わたしは、あなたの身から出る世継ぎの子を、あなたのあとに起こし、彼の王国を確立させる。彼はわたしの名のために一つの家を建て、わたしはその王国の王座をとこしえまでも堅く立てる。―――あなたの家とあなたの王国とは、わたしの前にとこしえまでも続き、あなたの王座はとこしえまでも堅く立つ。」このように、ダビデの子としてのメシヤの到来はイスラエル人民の希望となっていました。この、アブラハムの子孫であり、ダビデの子である救い主イエス・キリストはイスラエル民族のためだけでなく、全人類の救い主となっています。それが神のご計画でした。イエス・キリストの救いは、罪と死と悪魔からの救いです。ダビデの子、キリストは王としてこられたといいました。それは、正義をもってあなたを悪魔から解放し守る王です。また、同時に、あなたの罪の代価をご自身のいのちで支払い贖ってくださった救い主です。また、ご自身の生き方を通して神の御心を教えてくださる完全なお方です。この全能であり、全知の神である完全なお方、イエス・キリストが今日もあなた提供されています。あなたが彼を心に受け取ること、それがクリスマスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です