イエスの弟子であるとは

2019年1月27日(日) 主日礼拝 礼拝説教 森田友明牧師

<聖書>ルカの福音書14章25~35節
14:25 さて、大ぜいの群衆が、イエスといっしょに歩いていたが、イエスは彼らのほうに向いて言われた。
14:26 「わたしのもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、そのうえ自分のいのちまでも憎まない者は、わたしの弟子になることができません。
14:27 自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしの弟子になることはできません。
14:28 塔を築こうとするとき、まずすわって、完成に十分な金があるかどうか、その費用を計算しない者が、あなたがたのうちにひとりでもあるでしょうか。
14:29 基礎を築いただけで完成できなかったら、見ていた人はみな彼をあざ笑って、
14:30 『この人は、建て始めはしたものの、完成できなかった』と言うでしょう。
14:31 また、どんな王でも、ほかの王と戦いを交えようとするときは、二万人を引き連れて向かって来る敵を、一万人で迎え撃つことができるかどうかを、まずすわって、考えずにいられましょうか。
14:32 もし見込みがなければ、敵がまだ遠くに離れている間に、使者を送って講和を求めるでしょう。
14:33 そういうわけで、あなたがたはだれでも、自分の財産全部を捨てないでは、わたしの弟子になることはできません。
14:34 ですから、塩は良いものですが、もしその塩が塩けをなくしたら、何によってそれに味をつけるのでしょうか。
14:35 土地にも肥やしにも役立たず、外に投げ捨てられてしまいます。聞く耳のある人は聞きなさい。」

<要約>

自分を捨ててキリストの弟子となる:

イエス様はここで、イエス様よりも、家族を愛する者、さらにイエス様より自分のいのちを愛する者は、「わたしの弟子になることはできません」と言っています。イエス様を信じるという告白ができるということは神の恵みであり、祝福であり、神の選びでありますが、イエス様の弟子となるための条件は、自分を捨て、自分の十字架を背負ってついてきなさいというものです。自分を捨てるというのは、自分の力や考えに頼らないで神に頼ること、自分を神に明け渡すことです。私たちはどうしても自分が中心に生きています。自分中心から神中心に生き方を変える時にあなたの人生は本当に幸せで豊かになるからなのです。

弟子には献身と忠誠が求められる:

塔を築くのに座って完成できるかどうか考えなさい、というのです。イエス様に従っていく信者としての生涯を全うできるか考えなさいというのです。これは、イエス・キリストへ献身を意味しています。また、どんな王でも、戦いを交える時には、相手が二万人の軍勢で向かってくるのに、こちらは一万人しかいないとなれば、まず、座って考えるだろうというのです。勝利の見込みがなければ、こちらから使者を送って講和を求めるでしょう。これは、あなたがイエス・キリストに従いなさいという命令を受けて、拒んだら滅びが待っており、降参し自分を明け渡したらいのちを得るのです。このイエス様の要求は忠誠です。この時、あなたが守られて本当の自由といのちを得るためです。塩気は、献身と忠誠です。

イエスの弟子に与えられるいのちの平安:

ここにあるイエス様の厳しさとは別に、マタイ11章には、やさしく柔和なイエス様のお姿がうかがわれます。あなたは、ありのままのあなたで、イエス様のところへ行きましょう。イエス様はあなたを休ませてくださいます。そして、あなたには平安が与えられます。なぜでしょうか。それは、イエス様があなたの重荷となっている様々なことを代りに担ってくださるからです。ですからそれらへの執着を手放して、イエス様にお委ねしなさいというのです。平安と喜びがあります。イエス様の弟子であることは決して難しい生き方ではありません。イエス様を信じて、イエス様を愛して、イエス様と一緒に歩むとこから始まるのです。

狭い門から入りなさい

2019年1月20日(日) 主日礼拝 礼拝説教 森田友明牧師

<聖書>ルカの福音書13章22~30節
13:22 イエスは、町々村々を次々に教えながら通り、エルサレムへの旅を続けられた。
13:23 すると、「主よ。救われる者は少ないのですか」と言う人があった。イエスは、人々に言われた。
13:24 「努力して狭い門から入りなさい。なぜなら、あなたがたに言いますが、入ろうとしても、入れなくなる人が多いのですから。
13:25 家の主人が、立ち上がって、戸をしめてしまってからでは、外に立って、『ご主人さま。あけてください』と言って、戸をいくらたたいても、もう主人は、『あなたがたがどこの者か、私は知らない』と答えるでしょう。
13:26 すると、あなたがたは、こう言い始めるでしょう。『私たちは、ごいっしょに、食べたり飲んだりいたしましたし、私たちの大通りで教えていただきました。』
13:27 だが、主人はこう言うでしょう。『私はあなたがたがどこの者だか知りません。不正を行う者たち。みな出て行きなさい。』
13:28 神の国にアブラハムやイサクやヤコブや、すべての預言者たちが入っているのに、あなたがたは外に投げ出されることになったとき、そこで泣き叫んだり、歯ぎしりしたりするのです。
13:29 人々は、東からも西からも、また南からも北からも来て、神の国で食卓に着きます。
13:30 いいですか、今しんがりの者があとで先頭になり、いま先頭の者がしんがりになるのです。」

<要約>

狭い門はイエスを信じ従う道:

当時のイスラエル民族にはメシヤ待望がありました。ローマの圧政からの解放者、すなわち政治的な救世主を待ち望んでいました。そのメシヤは王となって国を立て直してくださると期待していました。そのような時に、ある人が「主よ。救われる者は少ないのですか」とイエス様に問うたのです。彼の質問はイスラエル国家の救いではなく、救われる者、個々人の救いについての質問だったからです。そうです。イエス様は政治を変革するために来たのではないのです。イエス様が提供される救いは、もっと人間の根源的な救いです。それはすべての人が抱えている問題です。罪と死の問題です。いのちに至る門の先には、天国があり、救いと祝福があるのです。狭い門はイエス・キリストを信じて従う道のことです。

救われるための努力とは:

戸が閉じられてから、外に立って、いくらたたいても、主人から「あなた方はどこの者か、私は知らない」と言われるというのです。「努力して狭い門から入りなさい」とイエス様は言われました。救われるための努力とは何でしょうか。それは、信仰の姿勢であり態度です。謙遜に、へりくだってキリストに従うことです。先週も説教したように、何よりも神を恐れ、愛し、信頼することです。私たちはこの地上の生活だけを求めて生きているのでしょうか。人生80年です。この地上のいのちが与えられている間にだけ、永遠のいのちか滅びかを選ぶことになるのです。救われるための努力をしなければなりません。

狭い門に続く救いの確信と祝福:

この狭き門からあなたが入るならどんなことがあなたにもたらされるのでしょうか。それは、救いの確信です。なぜなら、キリストが救いの道を完成してくださったからです。それをあなたは信じて受け止めれば救われるのです。次に聖霊の祝福です。聖霊はあなたの傷を癒してくださいます。狭い道であっても命に至る道です。踏み外さないように聖霊が信じるものを支えてくださいます。いまある状況をあなたが感謝できるということはあなたが祝福の中に生きているからです。また、どのような状況でもあなたが感謝するときに状況は祝福に変えられていくのです。そして、喜びあふれるものとなるのです。

神との関係を深めるために

2019年1月13日(日) 元旦礼拝 礼拝説教 森田友明牧師

<聖書>ルカの福音書12章1~10節
12:1 そうこうしている間に、おびただしい数の群衆が集まって来て、互いに足を踏み合うほどになった。イエスはまず弟子たちに対して、話しだされた。「パリサイ人のパン種に気をつけなさい。それは彼らの偽善のことです。
12:2 おおいかぶされているもので、現されないものはなく、隠されているもので、知られずに済むものはありません。
12:3 ですから、あなたがたが暗やみで言ったことが、明るみで聞かれ、家の中でささやいたことが、屋上で言い広められます。
12:4 そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。
12:5 恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。
12:6 五羽の雀は二アサリオンで売っているでしょう。そんな雀の一羽でも、神の御前には忘れられてはいません。
12:7 それどころか、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。
12:8 そこで、あなたがたに言います。だれでも、わたしを人の前で認める者は、人の子もまた、その人を神の御使いたちの前で認めます。
12:9 しかし、わたしを人の前で知らないと言う者は、神の御使いたちの前で知らないと言われます。
12:10 たとい、人の子をそしることばを使う者があっても、赦されます。しかし、聖霊をけがす者は赦されません。

<要約>

神を恐れなければならない理由:

当時の宗教指導者たちは神の愛と神の義に触れて、悔い改めて神を仰ぐとことをしませんでした。人は神から心が離れると自己義認と自己主張に走ります。律法を自己顕示欲を満たす道具としてしまいます。すなわち自分の欲望のために用います。実際彼らは、神殿の祭儀律法を利用して金儲けをしました。悔い改めがなくなると、罪を感じることもなくなります。そして、神を恐れる心も消失するのです。ですから、私たちは神を恐れなければなりません。

神を信頼しなければならない理由:

イエス・キリストは一切の権威をその手の中に持っておられます。人の生き死にもキリストの手の中にあります、世界がいつ終わるかも彼の手にあります。一国の盛衰も彼の手の中にあるのです。また、あなたや私の一個人が何をするべきか、あるいは何をするべきでないかについても権威をもっています。あなたがたの主はそのような方であるので、全き信頼を寄せるに十分なお方です。マイナスと思えることが起きても神を信頼しなければなりません。なぜなら、神はあなたの髪の毛の数もご存知の方であるからです。ですから、全面的に信頼して、むしろ、与えられていることを感謝しなければなりません。

神を愛さなければならない理由:

キリストにつながっていない人は天においてもつながっていないのです。私たちは、キリストにしっかりつながっていなければなりません。それは、あなたとイエス様は相思相愛の関係でなければならないということです。ヨハネもパウロも聖書の中で一番大切な事としているのは神の愛です。十字架と復活によって、人の罪の赦しと人に永遠のいのちの祝福をお与えになっています。それが神の愛であり福音です。その神がなさった行為を通して神は愛であることを聖書は証明しています。神はそれほどまでにあなたを愛していると聖書は言及しています。ですから、あなたもイエス様を愛さなければなりません。それはまた逆に、神の愛を感じるためです。聖霊を汚すものは赦されないというのです。神は人に自由意思をお与えになっております。神はあなたにその自由を用いて聖霊に素直に心を開いて、神を恐れ、信頼し、愛し続けることを望んでおられます。

聖霊、最高の贈り物

2019年1月6日(日) 元旦礼拝 礼拝説教 森田友明牧師

<聖書>ルカの福音書11章5~13節
11:5 また、イエスはこう言われた。「あなたがたのうち、だれかに友だちがいるとして、真夜中にその人のところに行き、『君。パンを三つ貸してくれ。
11:6 友人が旅の途中、私のうちへ来たのだが、出してやるものがないのだ』と言ったとします。
11:7 すると、彼は家の中からこう答えます。『めんどうをかけないでくれ。もう戸締まりもしてしまったし、子どもたちも私も寝ている。起きて、何かをやることはできない。』
11:8 あなたがたに言いますが、彼は友だちだからということで起きて何かを与えることはしないにしても、あくまで頼み続けるなら、そのためには起き上がって、必要な物を与えるでしょう。
11:9 わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。
11:10 だれであっても、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。
11:11 あなたがたの中で、子どもが魚を下さいと言うときに、魚の代わりに蛇を与えるような父親が、いったいいるでしょうか。
11:12 卵を下さいと言うのに、だれが、さそりを与えるでしょう。
11:13 してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」

<要約>

聖霊はあなたを満たす方:

私たちはさまざまのことを願うのですが、天の父は、それらにまさる最高のものをくださいます。それは、聖霊です。聖霊は私たちの人生を導き照らす光であります。聖霊によらなければだれもイエスを主と告白することはありません。聖霊は三位一体の神ですから、信じる者に内住して罪を示し悔い改めに導きます。わたしたちが聖書を読む時、聖霊が語りかけてくださいます。聖霊にあなたの心の王座に座っていただきましょう。聖霊に従う喜びを味わいましょう。

聖霊はあなたを救いつくり変えてくださる:

聖霊は病を癒す方です。聖霊は、罪の習慣あるいは悪い習慣からあなたを解放してくださいます。聖霊はあなたに内住して、あなたを作り変えてくださいます。私が研修医の時、白血病の中学生がイエス様を信じて病床で洗礼を受けました。当時白血病は生存3年といわれていました。彼は、もう死期が近いことを悟って自分の両親に「ぼくはもう大丈夫だから。ぼくの棺には十字架を入れてくれ。」と話したのです。彼はキリストを信じる者は永遠の命が与えられている、と言うことを確信して平安を得ていました。聖霊はキリストによる罪の赦しと永遠のいのちをお与えくださるのです。そこに救いがあります。

聖霊はあなたを変えて宣教のために用いる:

アメリカにある捕虜収容所での話です。あるアメリカ人のお嬢さんは病気の日本人捕虜を看病し、大変親切にしていました。彼女の両親はキリスト教宣教師でフィリッピンへ行っていました。そこに日本兵が侵略してきました。そして、彼女の父母をスパイとして処刑すると言ったのです。両親は30分の祈りの時間を与えて欲しいと言って聞き届けられ、その後に処刑されたのです。お嬢さんははじめは、日本人をうらんだそうです。が、あるとき両親は最後の30分に何を祈ったかを、どういう思いで最後のときを過ごしたのか考えるようになったそうです。お嬢さんは聖霊によってその両親の祈りはイエス様が十字架上でなさった祈りであったと確信しました。聖霊は私たちにはどうすることも出来ないような大きな敵意や憎しみによって傷ついた心をキリストの愛によってそれらを飲みこみ癒してくださるのです。聖霊の思いとは、キリストの大宣教命令です。


望みをもって信仰に生きる

2019年1月1日(日) 元旦礼拝 礼拝説教 森田友明牧師

<聖書>へブル人への手紙11章1~3節
11:1 信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。
11:2 昔の人々はこの信仰によって称賛されました。
11:3 信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、したがって、見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。