羊のためにいのちを捨てるイエス

2018年11月 25日(日)主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>ヨハネの福音書10章1~15節
10:1 「まことに、まことに、あなたがたに告げます。羊の囲いに門から入らないで、ほかの所を乗り越えて来る者は、盗人で強盗です。
10:2 しかし、門から入る者は、その羊の牧者です。
10:3 門番は彼のために開き、羊はその声を聞き分けます。彼は自分の羊をその名で呼んで連れ出します。
10:4 彼は、自分の羊をみな引き出すと、その先頭に立って行きます。すると羊は、彼の声を知っているので、彼について行きます。
10:5 しかし、ほかの人には決してついて行きません。かえって、その人から逃げ出します。その人たちの声を知らないからです。」
10:6 イエスはこのたとえを彼らにお話しになったが、彼らは、イエスの話されたことが何のことかよくわからなかった。
10:7 そこで、イエスはまた言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしは羊の門です。
10:8 わたしの前に来た者はみな、盗人で強盗です。羊は彼らの言うことを聞かなかったのです。
10:9 わたしは門です。だれでも、わたしを通って入るなら、救われます。また安らかに出入りし、牧草を見つけます。
10:10 盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。
10:11 わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。
10:12 牧者でなく、また、羊の所有者でない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして、逃げて行きます。それで、狼は羊を奪い、また散らすのです。
10:13 それは、彼が雇い人であって、羊のことを心にかけていないからです。
10:14 わたしは良い牧者です。わたしはわたしのものを知っています。また、わたしのものは、わたしを知っています。
10:15 それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同様です。また、わたしは羊のためにわたしのいのちを捨てます。

<要約>
高慢が人を霊的盲目にする;
イエス様は、たとえ話の中でも、律法学者やパリサイ人たちは盲目な指導者であり、偽りの指導者であり、さらに盗人であり強盗だと指摘されました。当時、羊飼いは夜になると羊をその囲いの中に導きます。そして、狼などの外敵から羊を守るために当直が寝ずの番をするのです。朝になったら、持ち主の羊飼いが来て、先頭に立って羊を門から連れ出して、良い牧草が豊かにあるところに連れて行くのです。羊飼いは、自分の羊をその名で呼んで連れ出すと書いています。羊飼いは自分の羊を知っていてその性格を知り、泣き声までも聞き分けるというのです。先頭に立って自分の羊を導く羊飼いはイエス様を指していることが分かります。そして、盗人で強盗は、パリサイ人たちを指していることもわかるでしょう。当時の律法学者、パリサイ人たちがいかに、偽りの指導者であり民を食い物にしていたかは、福音書を読んでもわかります。当時、民の信仰のよりどころはソロモンが建てた神殿でした。そこでは、祭司など宗教指導者が律法を利用して一大ビジネスを展開していました。そこで、民から多額のリベートを宗教指導者たちが吸い上げていたのです。ですから、イエス様は当時の宗教指導者たちを厳しく糾弾していました。しかし、彼らはイエス様のおっしゃる例えの意味が何のことか分からなかったのです。心がかたくなな者にはイエス様の例えが通じないということです。彼らは、心の目も耳も塞がっていたと言えます。なぜでしょうか。それは、打ち砕かれた悔いた心がないからです。霊的高慢のために自分がわからないのです。確かに、当時の律法学者、パリサイ人たちは律法を守っていました。表面上守っていました。什一献金、律法にある規則を守っていました。品行方正に見えたでしょう。しかし、彼らは自分たちは律法を守っていると自負していました。それが、神にも人にもとやかく言われたくないという高慢につながっていたのです。そして、弱い人を見下していました。私たちは、彼らを反面教師として学ばなければなりません。それは、「砕かれた悔いた心」です。
あなたを生かすためにいのちを捨てた神;
イエス様は、「わたしは羊の門です」と言われました。そして再び「わたしは門です。だれでも、わたしを通って入るなら、救われます。また安らかに出入りし、牧草を見つけます。盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。」と続きます。そして、イエス様を通ってはいるなら救われると言いました。また、イエス様はヨハネの福音書で「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」といわれました。これは、イエス様ご自身が神であることの宣言でもあります。聖書は、人は教えでは救われないことを明言しています。宗教はそれぞれ立派な教えを持っているでしょう。そして、教えを守って精進すれば、極楽へ行くことができるというのが宗教の教えです。しかし、人は行いによっては救われないと明言しています。聖書は、人は教えである律法、十戒を守っても、救いに至らないことを何度も言っています。人は良い行いによってはよい人間にはなれません。かえって、高慢になってしまうのです。良い人間が良い行いをするのです。自分でよい人間になることはできません。三位一体の神である聖霊によって、良い人間につくり変えていただくのです。行いによって、神の前に義とされることはできません。信仰によってのみ神はあなたを義としてくださるのです。門であるイエス様を通して入るというのは、イエス様をあなたの救い主と信じることです。行いはいりません。イエス・キリストがあなたの罪の身代わりとなって十字架で死んでくださったことを信じることです。そして、良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。わたしは羊のためにいのちを捨てます、と書いています。すなわち、羊であるあなたや私が真のいのちを得るために、イエス様が命を捨てるということです。それは、私たち罪人のために、イエス様が十字架でご自身のいのちを捨ててくださった事により、私たちはいのちを得るのだという真理です。
主は私の羊飼い;
ここで、イエス様の例えのお話をさかのぼる1000年前に、イスラエルの二代目の王となったダビデが「主は私の羊飼い」という詩を書きました。それが、詩篇23篇です。ダビデはベツレヘムの羊飼いの家に生まれ、小さい時から羊の世話をしていました。ですから、羊と羊飼いとの関係を知り尽くしていました。そのさまざまな経験を振り返って、「主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません」と、神と自分の関係を一言で表現したのです。イスラエルに行くと、羊飼いと羊の群れの姿が見られます。羊飼いは、どこに水があるか、どこによい草があるかを知っており、彼らを導くのです。ダビデは、神が信者の「魂を生き返らせる」、そして、「義の道に導かれる」と書きました。その意味は、神は、キリストによりあなたの罪を取り除き、あなたを新しいいのちで生かしてくださるということです。それは、後ろ向きの人生ではなく、前に向かっていく人生です。慈しみと恵みがあなたを追ってくる、と書いているとおりです。そして、死に至るような状況にあっても、禍を恐れないというのです。それは、神がともにおられるということから来ています。羊飼いは野獣から羊を守るためにこん棒上の鞭を持ち、羊を導くために杖も持っていました。しばしば、杖は迷いやすい羊を懲らしめるために用いました。人間の場合も同じで、「あなたのむちとあなたの杖」はあなたを守るためと同時に懲らしめて訓練させるためです。信仰者への訓練は、その時は好ましく思えなくても、やがては深いところでは、魂に受け入れられ慰めとなるのです。すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます、とへブル書にあります。これが、味わい深い信仰者の歩です。苦難や困難はつきものです。しかし、あなたのためにいのちを捨てるというイエス様がともにいてくださる、その約束は不変です。わたしたちは、そのようにイエス様を私の羊飼い、として信仰告白していきたいと思います。

放蕩息子と父の愛

2018年11月 18日(日)主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>ルカの福音書15章11~32節
15:17 しかし、我に返ったとき彼は、こう言った。『父のところには、パンのあり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。それなのに、私はここで、飢え死にしそうだ。
15:18 立って、父のところに行って、こう言おう。「お父さん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。
15:19 もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」』
15:20 こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。
15:21 息子は言った。『お父さん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』
15:22 ところが父親は、しもべたちに言った。『急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。
15:23 そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。
15:24 この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。』そして彼らは祝宴を始めた。
15:25 ところで、兄息子は畑にいたが、帰って来て家に近づくと、音楽や踊りの音が聞こえて来た。
15:26 それで、しもべのひとりを呼んで、これはいったい何事かと尋ねると、
15:27 しもべは言った。『弟さんがお帰りになったのです。無事な姿をお迎えしたというので、お父さんが、肥えた子牛をほふらせなさったのです。』
15:28 すると、兄はおこって、家に入ろうともしなかった。それで、父が出て来て、いろいろなだめてみた。
15:29 しかし兄は父にこう言った。『ご覧なさい。長年の間、私はお父さんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友だちと楽しめと言って、子山羊一匹下さったことがありません。
15:30 それなのに、遊女におぼれてあなたの身代を食いつぶして帰って来たこのあなたの息子のためには、肥えた子牛をほふらせなさったのですか。』
15:31 父は彼に言った。『子よ。おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。
15:32 だがおまえの弟は、死んでいたのが生き返って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、楽しんで喜ぶのは当然ではないか。』」

<要約>

思いを変えて神に帰る;
彼は、放蕩に走ってしまいました。そして、何もかも失ってしまいました。これは、真の神から離れた人間を表しています。神を離れたところには真の自由はありません。また、何にも縛られずに自分の思いのまま神からの賜物である財産を使おうとしてもそれは、無駄使いになります。結局失うのです。もともと私たちは裸で生まれて、裸で去って行く存在です。ですから財は、神からの預かりものです。それは世のため人のために、ひいては神のために用いるべきものです。彼は、ユダヤ人には最も忌まわしい職業である豚の世話をする羽目になり、さらに、食物にも事欠くようになりました。人生には苦難や不幸と思われることがあります。しかし、それは神があなたを神に立ち返らせ、もっと素晴らしい喜びと祝福の人生に導こうとして許されるのです。彼は回心しました。我に返ったのです。彼は、お金を持っていた時は何でもできると思っていたことでしょう。しかし、今、自分が貧しくみじめなことに気付いたのです。自分で自分を救うことはできないことに気付きました。また、その様に自分の心の貧しさに気付かなければ、悔い改め、心の方向転換は、起きないと言えます。聖書は、生まれながらの人は神から心が離れて、真の自由を得ていないと指摘します。神を見上げて神の救いを得た人には神のいのちが与えられています。我に立ち返った弟は、心の中で、言います。父の家には、有り余る食物があり、雇人さえ、食べることに心配していないではないか、と。しかし、彼は、父がどれだけ心配しているか考えていませんでした。父の豊かな持ち物に関心があったのです。あなたを心配して救いたいと思っておられる神の愛を考えずに、神の賜物に目を注ぐ人が多いのです。あなたは神の救いを自分のものとする前に、父なる神はどんなにかあなたを心配し、あなたを心にとめておられるかを知らなければなりません。
走り寄る神;
次に、父親を見たいと思います。父親は神を表しています。彼が父の家に向かうのに、まだ、家が遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした、と書いています。父の思いを無視して、自分勝手に出て行った息子ですが、父は彼を来る日も来る日も忘れたことはなかったでしょう。毎日毎日、門のところで帰ってくるのを待っているのです。まだ、遠くにいるのに見つけ出そうとしておられるのです。子が父を見出す前に父が子を見出しました。それが神のあなたに対する思いです。次に、かわいそうに思われました。そして、走り寄って、彼を抱き、口づけをした、と書いています。走り寄る神、それは深い哀れみと愛を表しています。それは、ご自身の御子キリストを与えて罪びとの私たちに近づいてくださるご愛です。そして抱いて口づけをしました。この口づけは、繰り返し口づけをしたという意味です。豚の世話をして、お風呂にも入らず、臭くて汚い息子だったでしょう。しかし、それも構わず、抱き着いて、何度も何度も口づけしたのです。ここに父のあなたに対する思いがあります。息子は言いました。『お父さん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』と。その後、『雇人の一人にしてください』と言おうとしていましたが、父はそれを遮って、『急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。』と言いました。これは、雇人ではなく、世継ぎとしての復権です。ここに、私たちの神のお心、御思い、を知ることができます。イエス様はこのたとえ話をお語りになって、父なる神がどのような方であるかを私たちにお示しになったのです。神は、あなたがあなたの罪のために滅びることを惜しまれて、神のひとり子であるイエス様をあなたの罪の身代わりとして十字架に差し出すほどにあなたをあわれみ愛しておられるのです。それは、あなたが神に立ち返り、神のいのちにつながり、永遠のいのちを得るためなのです。神は、あなたが神に立ち返るならこの上もなく喜ばれるのです。天では祝宴が開かれるのです。
神に帰って始まる幸いな人生;
最後に、放蕩息子の兄が登場します。兄は畑から帰ってきて、父が帰ってきた弟を歓待しているのを見て、怒って、家に入ろうともしなかったのです。この兄の怒りの理由は二つあります。一つは、弟は歓迎される資格のない無頼者であるということ。もう一つは、自分に対する父の態度と比較すると父は不公平であるということです。自分は従順にやってきたのに、弟は財産を放蕩と怠惰で使い尽くしてしまった。それなのに、というのです。本来、兄は父と共にいます。そして、父の物は自分のものとしているので、弟の罪を責めて、父の弟への恩恵を非難するには全く当たらないのです。むしろ、父の喜びを喜びとすべきでした。兄は素直に喜べないところに不幸があります。弟の方がはるかに幸福です。人は、自分の罪が分かり、赦しの中で神の愛と神の恵みに生きることこそ幸せなのです。兄のように、お金があっても道徳があっても人は幸福になれません。真に幸福な人生は神のもとに立ち帰ったときにはじまります。放蕩息子とその兄の例えは、どちらが幸せな生き方であるかを教えています。私たちは幸いな人生をだれもが望んでいます。ヘンリー・ナウエンが魂のホームを求めて、父なる神のもとにそれを見出したように、あなたもあなたの真のホームを神に帰るときに得られるのです。

 

約束を守られる神

2018年11月 04日(日)主日礼拝
酒田ルーテル同胞教会牧師 安藤修一

<聖書>使徒の働き16章30~34節
16:30 そして、ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか」と言った。
16:31 ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。
16:32 そして、彼とその家の者全部に主のことばを語った。
16:33 看守は、その夜、時を移さず、ふたりを引き取り、その打ち傷を洗った。そして、そのあとですぐ、彼とその家の者全部がバプテスマを受けた。
16:34 それから、ふたりをその家に案内して、食事のもてなしをし、全家族そろって神を信じたことを心から喜んだ。