祈り続ける信仰

2022年2月20日主日礼拝説教 ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>ルカによる福音書18章1~8節
18:1 いつでも祈るべきで、失望してはいけないことを教えるために、イエスは弟子たちにたとえを話された。
18:2 「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官がいた。
18:3 その町に一人のやもめがいたが、彼のところにやって来ては、『私を訴える人をさばいて、私を守ってください』と言っていた。
18:4 この裁判官はしばらく取り合わなかったが、後になって心の中で考えた。『私は神をも恐れず、人を人とも思わないが、
18:5 このやもめは、うるさくて仕方がないから、彼女のために裁判をしてやることにしよう。そうでないと、ひっきりなしにやって来て、 私は疲れ果ててしまう。』」
18:6 主は言われた。「不正な裁判官が言っていることを聞きなさい。
18:7 まして神は、昼も夜も神に叫び求めている、選ばれた者たちのためにさばきを行わないで、いつまでも放っておかれることがあるでしょうか。
18:8 あなたがたに言いますが、神は彼らのため、速やかにさばきを行ってくださいます。だが、人の子が来るとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」

<要約>

絶望の中でも信仰により希望に生きる:

今、世界を襲っている疫病、コロナウイルスは変異をして、今はオミクロン株ですが、次はどのように変異して再び襲ってくるかわかりません。現代も、人類の未来は楽観できない状況です。日本も戦争に巻き込まれる危険を抱えています。ソ連のウクライナ侵攻はもう直前です。また、中国の台湾進攻も現実味を帯びています。さて、歴史を振り返って、イスラエル王国は北と南に分裂し、大国により滅ぼされ、民はバビロニアに捕囚され、失意のどん底にありました。その様な時代に神はイスラエルに、エレミヤを通して、将来と希望のメッセージを送ってくださいました。そして、神は、バビロンの地にあっても主の民として落ち着いた生活をし、真の神に祈り礼拝しなさいと勧めるのでした。その時から70年後、ペルシャの王クロスの時代に入って、イスラエルは祖国帰還そして神殿再建を果たすのです。神の将来と希望を与えるご計画は、見事に成就したのです。私たちが置かされている今も、将来と希望が閉ざされているような時代です。だからこそ、神は希望の約束を送ってくださっているのです。失望しないで祈り続けなさいとイエス様は繰り返し教えておられます。なぜなら、神はすでに私たちに将来と希望の計画を持っているからです。

十字架に示された神の愛:

 聖書が教える希望は何に裏付けられているのでしょうか。信者は神の絶対的な愛に結び付けられています。ですから、どんな困難や試練、絶望と思われるようなことの中にでも、信者は希望を持つことができるのです。さらに、死も命もそのほかどんなものも主イエス・キリストにある神の愛から引き離すことはないと書いています。では、私たちは神の愛をどこに見ることができますか?それは十字架です。十字架で示された神の愛は、あなたに将来と希望をお与えになっています。まだ、祈りの結果を見ていないこともたくさんあると思います。けれど、神が あなたをそして私を、愛してくださっていることは動かしようもない確かな事実です。そして、信じる者は、その父御子御霊の三位一体の神の愛の交わりに入れられています。ですから、あきらめないで祈り続けるのです。そうすれば、あなたはどんな苦難や困難の中にあっても、もうすでに圧倒的な勝利者となっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA