神の王子の身分を受け継ぐ

2015年7月26日(日)主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<要約>

神の選びと導き

イサクの妻リベカも、不妊の女性でした。イサクもリベカも一生懸命に祈ったことでしょう。主は祈りにこたえられた。やっとできた子供です。しかし、子どもたちが彼女の腹の中でぶつかり合うようになった。「こんなことではいったいどうなるのでしょう。」とリベカもイサクも神に祈ったのです。すると【主】は彼女に仰せられた。「二つの国があなたの胎内にあり、二つの国民があなたから分かれ出る。一つの国民は他の国民より強く、兄が弟に仕える。」それは、弟が世継ぎとなる、ということです。ここに神の選びの不思議さがあります。私たち自身のことを考えても不思議です。私たちクリスチャンはどうして自分が選ばれたのか、と思うのです。でも、神の選びは誰にでも提供されている選びです。神はすべての人が救われ真理に進むことを願っているのです。私たち自身の中に根拠があるのではなく一方的に神が先に救ってくださったのです。

神の約束の軽視

ある日のことです。エソウが野から帰ってきた時に、ヤコブはおいしい煮物を似ていました。エソウはお腹がすいていたので、ヤコブにその煮物を求めます。イサク家の長子の権利は、アブラハムから受け継いだ特別な契約と使命の継承です。エソウはその重大な意味を認識せず、軽率にも一杯の食物で長子の権利を売ってしまったのです。エソウは目に見えない神の祝福がどれほど尊いものであるかに心をとめず、楽しみや豊かさを大事にする人でした。それに対して、ヤコブはどんなことをしても神の祝福を手に入れたいと考えていました。イサクは年を取り、目がよく見えなくなったときに長男エソウを呼びました。自分が死ぬ前に祝福し、エソウを後継ぎとする遺言を残そうとしました。しかし、それに気づいたリベカはヤコブと共謀して父イサクをだますのです。イサク家は分裂してしまったのです。ここに家族の人間関係のもろさが見えます。それぞれが、神に窺うこともなく自分の考えをそのまま通すことで、主のみ心を排除してしまったのです。家族の危機はどのような家庭にも起こりうるのです。大切なことは、私たちの家庭に神様をお迎えして、常に祈りみ心を求めることです。ヤコブは兄の怒りを買い、逃亡します。ハランまでの旅の途中、神のみことばがありました。「地上のすべての民族はあなたとあなたの子孫によって祝福される」という約束です。ヤコブはイサクの世継ぎの約束をいただき、やがて再びカナンの地に戻ることになるのです。

神の約束に生きる祝福

神は、一人の人を通して全人類を祝福する計画を立てられました。アブラハム、イサクヤコブの子孫がイスラエル民族です。イスラエル民族の中にダビデ王が出て、その子孫にイエス・キリストが誕生したのです。そしてイエス・キリストを通して全人類が祝福されているのです。私たちはキリストを通して罪のゆるしを得て、さらに神のこどもとなる特権を与えられているのです。「お前を呪うものは呪われ、お前を祝福するものは祝福される。」この言葉は、アブラハム、イサク、ヤコブの信仰による子孫とされた私たちクリスチャンに与えられているのです。イスラエルという名前には「神の王子」という意味です。丁度、王様がその最愛のこどもである王子を愛する愛と似ています。王は王子に悪さをするものをゆるしません、逆に王子に良いことをするものを王は喜び、宮廷に招き、ごちそうをするのです。それは神が私たち信じる者たちを特別のものとして扱ってくださっているということです。エソウは神からの祝福の約束より、一杯の食物、目に見える今の快楽を優先しました。そして、俗悪なものと言われるようになりました。ヤコブは祝福の約束を求め続けました。ヤコブは目に見えない神との関係を第一に求めました。私たちも「神の王子」とされていることを覚えたいと思います。キリストにより、天にあるあらゆる祝福を受け継ぐものとしてくださっているのです。
<聖書>創世記25章27~34節、27章1~10節、26~29節
25:27 この子どもたちが成長したとき、エサウは巧みな猟師、野の人となり、ヤコブは穏やかな人となり、天幕に住んでいた。
25:28 イサクはエサウを愛していた。それは彼が猟の獲物を好んでいたからである。リベカはヤコブを愛していた。
25:29 さて、ヤコブが煮物を煮ているとき、エサウが飢え疲れて野から帰って来た。
25:30 エサウはヤコブに言った。「どうか、その赤いのを、そこの赤い物を私に食べさせてくれ。私は飢え疲れているのだから。」それゆえ、彼の名はエドムと呼ばれた。
25:31 するとヤコブは、「今すぐ、あなたの長子の権利を私に売りなさい」と言った。
25:32 エサウは、「見てくれ。死にそうなのだ。長子の権利など、今の私に何になろう」と言った。
25:33 それでヤコブは、「まず、私に誓いなさい」と言ったので、エサウはヤコブに誓った。こうして彼の長子の権利をヤコブに売った。
25:34 ヤコブはエサウにパンとレンズ豆の煮物を与えたので、エサウは食べたり、飲んだりして、立ち去った。こうしてエサウは長子の権利を軽蔑したのである。

27:1 イサクは年をとり、視力が衰えてよく見えなくなったとき、長男のエサウを呼び寄せて彼に「息子よ」と言った。すると彼は、「はい。ここにいます」と答えた。
27:2 イサクは言った。「見なさい。私は年老いて、いつ死ぬかわからない。
27:3 だから今、おまえの道具の矢筒と弓を取って、野に出て行き、私のために獲物をしとめて来てくれないか。
27:4 そして私の好きなおいしい料理を作り、ここに持って来て私に食べさせておくれ。私が死ぬ前に、私自身が、おまえを祝福できるために。」
27:5 リベカは、イサクがその子エサウに話しているのを聞いていた。それでエサウが獲物をしとめて来るために、野に出かけたとき、
27:6 リベカはその子ヤコブにこう言った。「いま私は、父上が、あなたの兄エサウにこう言っておられるのを聞きました。
27:7 『獲物をとって来て、私においしい料理を作り、私に食べさせてくれ。私が死ぬ前に、【主】の前でおまえを祝福したいのだ。』
27:8 それで今、わが子よ。私があなたに命じることを、よく聞きなさい。
27:9 さあ、群れのところに行って、そこから最上の子やぎ二頭を私のところに取っておいで。私はそれで父上のお好きなおいしい料理を作りましょう。
27:10 あなたが父上のところに持って行けば、召し上がって、死なれる前にあなたを祝福してくださるでしょう。」

27:26 父イサクはヤコブに、「わが子よ。近寄って私に口づけしてくれ」と言ったので、
27:27 ヤコブは近づいて、彼に口づけした。イサクは、ヤコブの着物のかおりをかぎ、彼を祝福して言った。「ああ、わが子のかおり。【主】が祝福された野のかおりのようだ。
27:28 神がおまえに天の露と地の肥沃、豊かな穀物と新しいぶどう酒をお与えになるように。
27:29 国々の民はおまえに仕え、国民はおまえを伏し拝み、おまえは兄弟たちの主となり、おまえの母の子らがおまえを伏し拝むように。おまえをのろう者はのろわれ、おまえを祝福する者は祝福されるように。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です