いのちの川の水

018年12月23日(日) 礼拝説教 森田友明牧師

<聖書>エゼキエル書47章1~12節

47:1 彼は私を神殿の入口に連れ戻した。見ると、水が神殿の敷居の下から東のほうへと流れ出ていた。神殿が東に向いていたからである。その水は祭壇の南、宮の右側の下から流れていた。
47:2 ついで、彼は私を北の門から連れ出し、外を回らせ、東向きの外の門に行かせた。見ると、水は右側から流れ出ていた。
47:3 その人は手に測りなわを持って東へ出て行き、一千キュビトを測り、私にその水を渡らせると、それは足首まであった。
47:4 彼がさらに一千キュビトを測り、私にその水を渡らせると、水はひざに達した。彼がさらに一千キュビトを測り、私を渡らせると、水は腰に達した。
47:5 彼がさらに一千キュビトを測ると、渡ることのできない川となった。水かさは増し、泳げるほどの水となり、渡ることのできない川となった。
47:6 彼は私に、「人の子よ。あなたはこれを見たか」と言って、私を川の岸に沿って連れ帰った。
47:7 私が帰って来て見ると、川の両岸に非常に多くの木があった。
47:8 彼は私に言った。「この水は東の地域に流れ、アラバに下り、海に入る。海に注ぎ込むとそこの水は良くなる。
47:9 この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水が入ると、そこの水が良くなるからである。この川が入る所では、すべてのものが生きる。
47:10 漁師たちはそのほとりに住みつき、エン・ゲディからエン・エグライムまで網を引く場所となる。そこの魚は大海の魚のように種類も数も非常に多くなる。
47:11 しかし、その沢と沼とはその水が良くならないで、塩のままで残る。
47:12 川のほとり、その両岸には、あらゆる果樹が生長し、その葉も枯れず、実も絶えることがなく、毎月、新しい実をつける。その水が聖所から流れ出ているからである。その実は食物となり、その葉は薬となる。

<要約>

キリストはあなたを生かし豊かにする:

エゼキエルが見た幻です。神殿の敷居の南の角から東に向かって水が流れ出し、川となります。川の岸に沿って生えていた非常に多くの木は、繁栄と豊かさを象徴しています。今度はその川が海に入り、死海の水が良くなり、生物は生き、魚は非常に多くの群れをつくるというのです。そして、この水によってすべてが生きると書いています。しかし、死海の一部の沢と沼は水が良くならないで塩のまま残ると書いています。いのちの水であるイエス・キリストを信じて歩む人には、いのちの回復と豊かな祝福と繁栄が約束されています。しかし、イエスを受け取らない人は依然、死の状態でやがて滅ぶというメッセージを読むことができます。

水と御霊による新しい創造:

イエス様はご自身を神殿と見立てて、「この神殿をこわしてみなさい。私はそれを三日で建てよう」と言われました。イエス様は十字架で死んでから三日目に復活したのです。すなわち、イエス様は復活して生ける神殿となってくださったのです。イエス様を信じて、洗礼を受けた人の内側で起こることをこの幻は示しています。この幻は、聖霊による新創造を表しています。イエス様を信じて洗礼を受けると聖霊が与えられます。そして新しいいのちに生きるのです。次に、罪によりいのちを失っていた霊は、聖霊によりいのちを得ます。それは、死海の水のようにいのちのないところに聖い水が注ぎこまれていのちを得るのと同じです。

イスラエルの回復と救いの完成:

イスラエルの回復と救いについて、聖書はどのように説明しているのでしょうか。神のご計画によると、福音はまず、異邦人に受け入れられて、次にユダヤ人に至るというのです。神は最終的には約束により、イスラエルをあわれみ救いに導いてくださるのです。すなわち、ユダヤ民族の中に救いが成就します。エゼキエルの幻に戻って、その川の水によって、両岸の果実は成長して、葉も枯れず、実も絶えるがことなくなるとあります。実は食物となり葉は薬となるというのです。今日のところが、世の終わりの時の預言であることは、黙示録22章の記事を読むとわかります。世の終わりの時に起こることです。そこは神のみ座です。苦しみ、悲しみ、涙もない、完全な平安と喜びが待っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です