クリスマスは喜びの人生への招き

2018年12月23日(日) 礼拝説教 森田友明牧師

<聖書>ルカの福音書2:1~14


2:1 そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストから出た。
2:2 これは、クレニオがシリヤの総督であったときの最初の住民登録であった。
2:3 それで、人々はみな、登録のために、それぞれ自分の町に向かって行った。
2:4 ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。彼は、ダビデの家系であり血筋でもあったので、
2:5 身重になっているいいなずけの妻マリヤもいっしょに登録するためであった。
2:6 ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満ちて、
2:7 男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。
2:8 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
2:9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
2:10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
2:11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
2:12 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」
2:13 すると、たちまち、その御使いといっしょに、多くの天の軍勢が現れて、神を賛美して言った。
2:14 「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」

<要約>

世に拒絶された罪からの救い主:

マリヤとヨセフはダビデの町ベツレヘムへ到着しましたが、「宿屋には彼らのいる場所がなかった」と書いています。救い主は世の人々から拒絶されて、隅に追いやられて、家畜小屋でお生まれになりました。最も弱く貧しく小さな者たちの救い主として来て下さったのです。ユダヤ人たちは救い主を待ち望んでいたのです。それは、イスラエルをローマの圧政下から解放してくれるユダヤ人の王、すなわち政治的なメシヤを待ち望んでいたのです。しかし、神は私たち人間にある根源的な問題の解決のために来られました。それは、罪の問題です。神は罪に苦しむ人間を放っておくことができずに来てくださったのです。イエス様は、罪という病で滅びに向かう人々を、罪と死と悪魔から救ってくださる救い主なのです。

救い主が与える栄光と平安:

私たち人間の罪の代価を神がご自身のひとり子の命で払ってくださったのです。すなわち、あなたが罪によって永遠の滅びにいたることのないように、逆に永遠のいのちにいたるために御子のいのちを与えてくださったのです。あなたはそれをただ信じて受け取ればよいのです。最初のクリスマスの夜、救い主が来られた時、羊飼いたちはひどく恐れたとあります。その場で羊飼いたちは主の栄光の中に包まれたのです。み使いは、彼らに「恐れることはありません」「すばらしい喜びを知らせます」と声をかけます。クリスチャンは、神からの栄光と喜びと平和を持っています。それは、救い主を信じる信仰によって与えられるものです。

救い主と出会い喜びの人生へ:

羊飼いたちはベツレヘムに着き、ついに、マリヤとヨセフとイエス様を探し当てました。羊飼いたちは喜びで満たされたでしょう。イエス様は、親切で、心優しく、忍耐深く、温和で、同情心にあふれる方でありました。イエス様は人々を愛されました。人の悩み苦しみを見過ごしになりませんでした。イエス様は人のかたちをとられた真の神でした。そして、すべての人の罪をあがなうために身代わりとなって十字架で命を落としてくださいました。さらに、人類の最後の敵である死を打ち破り、三日目に復活なさいました。クリスマスは救い主イエス・キリストとの出会いです。それは、喜びの人生への招きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です