みどりごの救い主

2018年12月9日(日)礼拝説教 牧師 森田友明


<聖書>イザヤ書9章1~7節
9:1 しかし、苦しみのあった所に、やみがなくなる。先にはゼブルンの地とナフタリの地は、はずかしめを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダン川のかなた、異邦人のガリラヤは光栄を受けた。
9:2 やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。
9:3 あなたはその国民をふやし、その喜びを増し加えられた。彼らは刈り入れ時に喜ぶように、分捕り物を分けるときに楽しむように、あなたの御前で喜んだ。
9:4 あなたが彼の重荷のくびきと、肩のむち、彼をしいたげる者の杖を、ミデヤンの日になされたように粉々に砕かれたからだ。
9:5 戦場ではいたすべてのくつ、血にまみれた着物は、焼かれて、火のえじきとなる。
9:6 ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
9:7 その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえる。今より、とこしえまで。万軍の【主】の熱心がこれを成し遂げる。


<要約>

キリストがもたらした光の世界;

ガリラヤははずかしめを受けたが、後には栄光を受けた、とあります。その預言は、キリストの来臨によって成就しました。救い主、メシヤは闇を打ち破る光であり、死を打ち破る復活の力であると言えます。悪魔が支配する闇の世界から神がご支配する光の世界へと私たちを招いておられます。キリストの光は決して消えることのない永遠の神のご支配です。イエス様はあなたに光であるイエス様を信じなさいと言われます。光の子どもとなりなさいと招いておられるのです。

救い主が与える喜びの約束;

イスラエルは北と南に分裂してから、王も民も指導者たちも堕落し、真の神を離れ偶像に身をやつしてしまったのです。その様に、恵みから離れた民は、悪の力に押しつぶされてしまうのです。実に、自分たちで闇の世界を選んで歩くことになったのです。そこには申命記的史観があります。私たちは誰でも選択の自由が与えられています。神を信じて祝福と恵みの世界に入るか、あるいは、神から離れて呪いと裁きを受けるかです。それでも神は、イスラエルの民に対するご自身の繁栄と祝福の約束を忘れることはありません。民をあわれみ続けておられます。信じる者に与えられているのは、繁栄と祝福の約束です。キリストをあなたの救い主と信じるならば、あなたのすべての領域に祝福が及ぶのです。

救い主の熱心と愛;

「ひとりの男の子」、それはイエス・キリストを指しています。「主権はその肩にあり」の「主権」は統治を意味します。そして、その名には、4つの名称があります。いずれも神ご自身であることを示しています。「不思議な助言者」です。万物の支配者であり、王の王、主の主であられる神が、私たちと共にいてくださる、いやさらに、しもべとなっていのちを捨ててくださった、それこそ最大の不思議であると言えます。つぎに、「力ある神」です。これは神宣言です。次に「永遠の父」です。父は保護者です。永遠にイスラエルの保護者です。次に、「平和の君」です。この男の子が完全な和解となります。そして、「万軍の主の熱心がこれを成し遂げる」とあります。救い主のあなたに対する愛の熱心は今も変わることはありません。それは、今、あなたに向けて注がれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です