イエスの死と復活

2016年03月27日(日)主日礼拝
盛岡月が丘キリスト教会牧師 田口勇新

<聖書>マタイの福音書28章1~10節
28:1 さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方、マグダラのマリヤと、ほかのマリヤが墓を見に来た。
28:2 すると、大きな地震が起こった。それは、主の使いが天から降りて来て、石をわきへころがして、その上にすわったからである。
28:3 その顔は、いなずまのように輝き、その衣は雪のように白かった。
28:4 番兵たちは、御使いを見て恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。
28:5 すると、御使いは女たちに言った。「恐れてはいけません。あなたがたが十字架につけられたイエスを捜しているのを、私は知っています。
28:6 ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。
28:7 ですから急いで行って、お弟子たちにこのことを知らせなさい。イエスが死人の中からよみがえられたこと、そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれ、あなたがたは、そこで、お会いできるということです。では、これだけはお伝えしました。」
28:8 そこで、彼女たちは、恐ろしくはあったが大喜びで、急いで墓を離れ、弟子たちに知らせに走って行った。
28:9 すると、イエスが彼女たちに出会って、「おはよう」と言われた。彼女たちは近寄って御足を抱いてイエスを拝んだ。
28:10 すると、イエスは言われた。「恐れてはいけません。行って、わたしの兄弟たちに、ガリラヤに行くように言いなさい。そこでわたしに会えるのです。」

十字架がもたらしたこと

2016年03月20日(日)主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>マタイによる福音書27章27~54節

27:27 それから、総督の兵士たちは、イエスを官邸の中に連れて行って、イエスの回りに全部隊を集めた。
27:28 そして、イエスの着物を脱がせて、緋色の上着を着せた。
27:29 それから、いばらで冠を編み、頭にかぶらせ、右手に葦を持たせた。そして、彼らはイエスの前にひざまずいて、からかって言った。「ユダヤ人の王さま。ばんざい。」
27:30 また彼らはイエスにつばきをかけ、葦を取り上げてイエスの頭をたたいた。
27:31 こんなふうに、イエスをからかったあげく、その着物を脱がせて、もとの着物を着せ、十字架につけるために連れ出した。
27:32 そして、彼らが出て行くと、シモンというクレネ人を見つけたので、彼らは、この人にイエスの十字架を、むりやりに背負わせた。
27:33 ゴルゴタという所(「どくろ」と言われている場所)に来てから、
27:34 彼らはイエスに、苦みを混ぜたぶどう酒を飲ませようとした。イエスはそれをなめただけで、飲もうとはされなかった。
27:35 こうして、イエスを十字架につけてから、彼らはくじを引いて、イエスの着物を分け、
27:36 そこにすわって、イエスの見張りをした。
27:37 また、イエスの頭の上には、「これはユダヤ人の王イエスである」と書いた罪状書きを掲げた。
27:38 そのとき、イエスといっしょに、ふたりの強盗が、ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけられた。
27:39 道を行く人々は、頭を振りながらイエスをののしって、
27:40 言った。「神殿を打ちこわして三日で建てる人よ。もし、神の子なら、自分を救ってみろ。十字架から降りて来い。」
27:41 同じように、祭司長たちも律法学者、長老たちといっしょになって、イエスをあざけって言った。
27:42 「彼は他人を救ったが、自分は救えない。イスラエルの王だ。今、十字架から降りてもらおうか。そうしたら、われわれは信じるから。
27:43 彼は神により頼んでいる。もし神のお気に入りなら、いま救っていただくがいい。『わたしは神の子だ』と言っているのだから。」
27:44 イエスといっしょに十字架につけられた強盗どもも、同じようにイエスをののしった。
27:45 さて、十二時から、全地が暗くなって、三時まで続いた。
27:46 三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。
27:47 すると、それを聞いて、そこに立っていた人々のうち、ある人たちは、「この人はエリヤを呼んでいる」と言った。
27:48 また、彼らのひとりがすぐ走って行って、海綿を取り、それに酸いぶどう酒を含ませて、葦の棒につけ、イエスに飲ませようとした。
27:49 ほかの者たちは、「私たちはエリヤが助けに来るかどうか見ることとしよう」と言った。
27:50 そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られた。
27:51 すると、見よ。神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けた。そして、地が揺れ動き、岩が裂けた。
27:52 また、墓が開いて、眠っていた多くの聖徒たちのからだが生き返った。
27:53 そして、イエスの復活の後に墓から出て来て、聖都に入って多くの人に現れた。
27:54 百人隊長および彼といっしょにイエスの見張りをしていた人々は、地震やいろいろの出来事を見て、非常な恐れを感じ、「この方はまことに神の子であった」と言った。

<要約>

神に敵対する人間

総督の兵士たちはイエス様にいばらの冠をかぶせて、赤い外套を着せて、葦の棒を持たせて、からかい、唾をかけてさんざん侮辱しました。十字架につけろと叫んだ民衆の中にはローマの圧政からの解放者としてイエス様に期待していた者たちもいたと思います。でも、イエス様は彼らの思い通りではなかったので、ぼろくずの様に投げ捨てられたのです。道行く人々も頭を振りながらイエス様を罵ったと書いています。祭司長、律法学者などユダヤ人指導者たちもあざけって、他人は救ったが、自分は救えないと言って、侮辱しました。現代のインターネットメディアの世界では、炎上というのがあります。無責任な投稿によって特定の人物の人格を傷つけ時には死に追いやるのです。ある女性は恋人に自分の上半身の裸の写真を送ったために、彼がそれをメディアに投稿し全世界にその映像が流布しました。そして彼女は自殺に追い込まれました。私たち人間の罪は当時も今も変わりないのです。一緒になって、神の子をあざけり侮辱しました。世界中が神をあざけり、侮辱しているようです。一つになって神に反抗する人間の罪の姿が見えます。これはアダムの原罪を受け継いでいる私たち人間の姿です。イエス様と一緒に十字架につけられて強盗までもがののしったと有ります。強盗たちは多くの人々からあざけりののしられているイエス様を横目で見ていました。同じ苦しみを味わっていたものなのに、人間は人と比較して、自分よりみじめな人間を見て安心するのです。それは私たちのありのままの姿です。

全能の力で人を愛し赦す神

人々は、神の子なら十字架から降りてこいと言いました。自分を救ったらどうだというのです。イエス様はそれに対して一言もお答えになりませんでした。イエス様は、その全能の力で、十字架を耐え忍んだのです。そればかりでなく、迫害する者たちを赦しました。全能の力を使って十字架から降りることをしないで、イエス様を侮辱しあざける人々を愛し赦すためにその力を用いたのです。イエス様は神でしたが、人間としてお生まれになりました。人間としての傷み、苦しみを知っておられました。神だから無感覚ということはありません。ですから、弟子からも裏切られて、人々からあざけられてののしられて、悔しさ、怒り、落胆、絶望を感じておられたでしょう。イエス様は、人間を愛し、赦すためにはどうしてもこの十字架が必要であるとわかっていました。ですから、神の子は侮辱しあざける者たち、そして敵対する人類のすべての罪を代りに受けて神からの呪いである十字架刑を受けたのです。

人間に対する神の愛と怒りに筋を通した十字架

「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになったのですか」これは、神の御子が神から引き離される悲痛な叫びであると言われています。この時、神から完全に引き離されて、神の呪いの盃を完全に飲み干したのです。十字架の縦の棒と横の棒を象徴的に取り上げて、縦棒は神の怒り、そして、横棒は神の愛と言って説明することがあります。神は人間の罪に対して怒りを持っておられます。神は正しい方です。罪に対する裁きを行わずにはおけないのです。しかし、神は同時に、人を愛し、人が滅んでしまうのを惜しまれています。何とか人を救いたい、愛と祝福で包みたい、と思っておられるのです。その二つの相矛盾する思いに筋を通したのが十字架です。人間の罪の身代わりとなれるのは人間でなければなりません。同時に罪のない人間でなければなりません。マリヤは聖霊によって身ごもりましたので、イエス様は神であります。ですから罪のない方です。身代わりとなって罪を背負って人類をその罪から救うためでした。聖書に「十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。」とあります。十字架を愚かなこととして無視する人は罪赦されることなく滅びに向かうというのです。しかし、素直に十字架の赦しを受けるならば、その人は救われて神の力によって人生を力強く歩んでいくことができるのです。イエス・キリストの十字架はあなたのためでもあることを信じて罪赦されて永遠のいのちに生きることができますように祈ります。

イエス様の裁判と向き合うとき

2016年03月13日(日)主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>ヨハネの福音書18章28~40節

18:28 さて、彼らはイエスを、カヤパのところから総督官邸に連れて行った。時は明け方であった。彼らは、過越の食事が食べられなくなることのないように、汚れを受けまいとして、官邸に入らなかった。
18:29 そこで、ピラトは彼らのところに出て来て言った。「あなたがたは、この人に対して何を告発するのですか。」
18:30 彼らはピラトに答えた。「もしこの人が悪いことをしていなかったら、私たちはこの人をあなたに引き渡しはしなかったでしょう。」
18:31 そこでピラトは彼らに言った。「あなたがたがこの人を引き取り、自分たちの律法に従ってさばきなさい。」ユダヤ人たちは彼に言った。「私たちには、だれを死刑にすることも許されてはいません。」
18:32 これは、ご自分がどのような死に方をされるのかを示して話されたイエスのことばが成就するためであった。
18:33 そこで、ピラトはもう一度官邸に入って、イエスを呼んで言った。「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」
18:34 イエスは答えられた。「あなたは、自分でそのことを言っているのですか。それともほかの人が、あなたにわたしのことを話したのですか。」
18:35 ピラトは答えた。「私はユダヤ人ではないでしょう。あなたの同国人と祭司長たちが、あなたを私に引き渡したのです。あなたは何をしたのですか。」
18:36 イエスは答えられた。「わたしの国はこの世のものではありません。もしこの世のものであったなら、わたしのしもべたちが、わたしをユダヤ人に渡さないように、戦ったことでしょう。しかし、事実、わたしの国はこの世のものではありません。」
18:37 そこでピラトはイエスに言った。「それでは、あなたは王なのですか。」イエスは答えられた。「わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。」
18:38 ピラトはイエスに言った。「真理とは何ですか。」彼はこう言ってから、またユダヤ人たちのところに出て行って、彼らに言った。「私は、あの人には罪を認めません。
18:39 しかし、過越の祭りに、私があなたがたのためにひとりの者を釈放するのがならわしになっています。それで、あなたがたのために、ユダヤ人の王を釈放することにしましょうか。」
18:40 すると彼らはみな、また大声をあげて、「この人ではない。バラバだ」と言った。このバラバは強盗であった。

<要約>

外面は整えても内面は不法のユダヤ人指導者たち

律法学者や長老たちは、総督ピラトの官邸にイエス様を連れてきました。早朝未明のことです。彼らの狙いは、ローマの法でイエス様を十字架刑にすることです。彼らは汚れを受けまいとして、官邸には入らなかったと書いています。これは、異邦人の家には入ると汚れるという律法の規定によるためです。彼らは、過ぎ越しの食事に与るために聖い状態を保ちたかったのです。ここに表面上は正しさを装い、内実は偽善と不法でいっぱいである当時の宗教指導者の姿があります。彼らは、律法を形式的に守って自分たちを清いものとしました。しかし、イエス様は形式だけの律法には従わず愛の業を行いました。そのイエス様を嘘で塗り固めて死刑に定めたのです。彼らは神のみ思いから遠く離れていたのです。それを律法主義と言います。私たちクリスチャンもこのようなところに落ちる危険を持っています。行いを土台として信仰を築こうとするのが律法主義です。神への信仰があれば、そして神への愛と感謝があれば、行いは当然出てくるのです。火があるところに光が生じるのと同じです。神の喜ばれるのは、打ち砕かれた謙遜な心、神を恐れ、愛し、信頼する心です。

真理に近づいても得ることがなかったピラト

ピラトはイエス様だけを連れて官邸に入り尋ねます。「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」イエス様は逆に問われた。「あなた自身のうちから出る真剣な問いなのか。それとも、他の人の言ったことを言っているだけなのか」この質問は、永遠の命に至るものか滅びに至るものかの分岐点ともいえる重要なものでした。イエス様は私たち一人ひとりに真剣に問うておられます。イエス様は「あなたはわたしをだれだと思いますか。」と問うています。イエス様は、「わたしを救い主だと信じますか」と。ピラトはそのイエス様の問いの深い意味を知らずにイエス様を無罪と認めていました。イエス様は答えられます。「わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。」ピラトはイエス様に「真理とは何ですか」と問い返しています。そして、イエス様を赦免するためにいろいろ動くのですが、最終的には群衆を恐れて、十字架刑に押し切られてしまうのです。ピラトは、地域の治安維持のためにローマから派遣されました。社会的な責任がありました。また、家族に対する責任もあったでしょう。これは、現代に生きる多くの人々と同じです。ピラトは教会に来て、み言葉を聞いて心動かされても、世の煩いで信仰に至らない人の代表です。「真理とは何ですか」の質問で終わってしまう人々です。そうならないように、イエス様の心の問いを逃さないようにしましょう。

救い主であり真理であるイエス・キリスト

イエス様はご自分が十字架で殺されることを予言していました。十字架は呪いの象徴でした。ガラテヤ書に「木にかけられるものはすべて呪われる」とあるからです。イエス・キリストは全人類の罪の呪いを代わりに十字架で受けました。それは、キリストを信じるすべての人を罪の呪いから解放させるためです。また、ローマによって裁かれたのは、ユダヤ人という一民族ではなく全人類による死刑となるためです。つまり、ユダヤ民族の救い主ではなく、全人類の救い主であることを意味しているのです。ピラトは「真理とは何ですか」と言いました。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」とイエス様は言われました。はっきりご自身を真理であると言われました。真理とはイエス様ご自身です。福音は、イエス・キリストによる罪の赦しと永遠のいのちです。イエス様の十字架は罪の呪いからの解放です。罪の呪いは死ですから、十字架は死からの解放、救いです。神の人に対するみ思いは愛と祝福です。しかし、人の罪がそれを妨げているのです。ただ、イエス・キリストを信じるだけで、その神の愛と祝福をいただけるのです。クリスチャンになるとは、イエス様の教えを学び、実行することではありません。生きて働かれるイエス様をいただくことです。心を開いてイエス様に入っていただくことです。あなたの心の王座にイエス様に座っていただくことです。クリスチャンの皆さんは、信じて洗礼を受けた時にイエス様は皆さんお一人お一人の中に住んでおられることを忘れないでください。常にともにおられるイエス様を意識しているならば、あなたはイエス様をリアルに体験します。

ゲッセマネの祈りの勝利

2016年03月06日(日)主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<聖書>マタイの福音書26章36~46
26:36 それからイエスは弟子たちといっしょにゲツセマネという所に来て、彼らに言われた。「わたしがあそこに行って祈っている間、ここにすわっていなさい。」
26:37 それから、ペテロとゼベダイの子ふたりとをいっしょに連れて行かれたが、イエスは悲しみもだえ始められた。
26:38 そのとき、イエスは彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、わたしといっしょに目をさましていなさい。」
26:39 それから、イエスは少し進んで行って、ひれ伏して祈って言われた。「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」
26:40 それから、イエスは弟子たちのところに戻って来て、彼らの眠っているのを見つけ、ペテロに言われた。「あなたがたは、そんなに、一時間でも、わたしといっしょに目をさましていることができなかったのか。
26:41 誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。」
26:42 イエスは二度目に離れて行き、祈って言われた。「わが父よ。どうしても飲まずには済まされぬ杯でしたら、どうぞみこころのとおりをなさってください。」
26:43 イエスが戻って来て、ご覧になると、彼らはまたも眠っていた。目をあけていることができなかったのである。
26:44 イエスは、またも彼らを置いて行かれ、もう一度同じことをくり返して三度目の祈りをされた。
26:45 それから、イエスは弟子たちのところに来て言われた。「まだ眠って休んでいるのですか。見なさい。時が来ました。人の子は罪人たちの手に渡されるのです。
26:46 立ちなさい。さあ、行くのです。見なさい。わたしを裏切る者が近づきました。」
<要約>

イエス様と一緒に悲しみ喜ぶ

イエス様は、「私と一緒に目を覚ましていなさい、あるいは目を覚まして祈っていなさい」と全部で4回も弟子たちに言われました。それは、イエス様が弟子たちに真剣に強く求めたことです。「目を覚まして私と一緒に祈っていなさい」という命令は、現在の私たちにも投げかけられている大切な勧めであります。悲しみ苦しむ主と共に祈る、主の悲しみをともに悲しむ、泣くものと共に泣く、お互いに祈りあい重荷を負いあいなさいと勧めているのです。私たちが一緒に礼拝し、一緒に祈ることの大きな意義がそこにあります。共に喜ぶとき、喜びは倍になり、共に悲しむとき、悲しみは半分になるのです。

神なしで滅びに向かう人間への悲しみ

イエス様の悲しみは何でしょうか。その苦しみ悲しみは、これから受ける十字架刑という耐え難い苦難への恐れでもあったでしょう。また、イエス様が覚えたのは、神なしで滅ぶ人間の苦しみ悲しみです。私たちはこの地上で神の恩寵によって守られています。人類が地上で快適に生活できるように神は環境を作り、また、世界を保持されています。しかし、人類は神を認めず、神の愛とあわれみを感じることなく、人間同士争いあって環境を破壊しています。地球温暖化も人間のとどまることのない欲望によってもたらされたともいえます。ある国は自国の利益を追求して力ずくで領土を拡大しようとしています。シリヤでは内戦に大国の利害が乗じて多くの難民が出ています。これは皆、私たち一人ひとりが持っている罪によってもたらされているのです。

神の怒りの盃を飲み干すイエス

目には見えませんが、人間の中心には霊があります。そこが他の動物とは違います。動物は霊がないので神とのチャンネルはありません。しかし、人間は未来に向かって生きています。向上心を持っています。永遠に対するあこがれを持っています。それにより、人類は文明や文化を築いてきたのです。ところが、すべての人間は罪によって神と断絶してしまっているのです。その証拠に、人間は神を知りません。信じません。たとえ認めようとしても自分勝手に思い描いたものを神とします。神でない者を神としています。罪により神と敵対関係にあるというのです。「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。」「この杯」というのは、神の怒りの盃です。キリストは罪のない神の一人子です。処女マリヤより生まれました。神が人となってこられたのです。人間の身代わりとなることができるのは人間でなければなりません。罪のないものでなければ罪を引き受けることができません。イエス様は、私たちが受けるべき神の怒りの盃を代わりに飲み干してくださったのです。そのことを認め、キリストを信じる者の罪は取り除かれるのです。そして、神の命につながるのです。罪赦されて永遠のいのちを持つのです。

自分を捨ててみ心を取る祈り

イエス様は、自分の願いよりも神のみこころが行われるように祈りました。自分を捨て自分を無にして、父のみこころを取る祈りです。十字架は、人間を罪と滅びから救い、永遠のいのちに至らせるためには、どうしても飲まずには済まされぬ杯でした。このようにしてイエス様は十字架で犠牲となってくださったのです。自分を犠牲にして神のみこころに生きることこそ勝利の人生です。また、イエス様は「自分を捨て自分の十字架を背負って私についてきなさい」と言われました。人間は自分のためだけに生きようとしても、真価を発揮できません。それどころか自分のことばっかりに生きようとする人はますます貧しくなり細くなっていきます。人間は神により神のために造られました。だから、神のみこころに生きる、ひいては他の人のために生きる時に真価を発揮できるのです。イエス様は、勇気をもって目前の十字架に向かうのです。その後、イエス様は、死んで復活し死の向こうに永遠のいのちを示してくださいました。イエス様を信じて救われて戴きたいと思います。