大きな恵み

2014年6月29日(日) 主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<要約>

ペンテコステによって生まれたエルサレムの最初の教会は、信者の数がどんどん増えていきました。彼らは心と思いを一つにして、使徒たちはキリストの十字架と復活を力強く証し、大きな恵がすべての人の上にありました。大勢の人々が集まり何一つ自分の物とは言わずにすべてのもの分け合っていました。そして誰も乏しいことがありませんでした。

教会が祝福されて前進しているときに、悪魔は人の心のすきに入り込みました。アナニヤとサッピラは土地を売った代金の一部を持ってきたのに全部だと言って嘘をついたのです。その事をペテロに指摘されましたが、悔い改めずに彼らはその場で命を失うのです。その事により教会とそれを聞いた人々の間に大きな恐れが生じたのです。神の大きな恵は変わらないのですが、悔い改めない罪に対する神の怒りと容赦のないさばきもあるのです。
<聖書>
使徒の働き4章32節~5章11節
続きを読む 大きな恵み

主イエスのみ名によって歩きなさい

2014年6月15日(日) 主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<要約>

神殿の門で、物乞いをしていた生まれつきの障がいで歩くことのできない男をみて、ペテロとヨハネは、「金銀は私にはない」「イエス・キリストの御名によって歩きなさい」と命じたところ、彼は躍り上がって、神を賛美し宮に入っていった。キリストを信じる信仰のゆえに彼は癒された。神は、失望とあきらめの人生を希望と感謝の人生に変えてくださる。悲しみを喜びに、失望を希望に変えてくださる。肉体の命はいつか終わるが、しかし霊においては、主イエス・キリストにあって永遠の命が与えられている。すなわち、死から命へ移してくださった。生きる価値がないという思いが、生かされている喜びで人に仕えるのである。
<聖書>
使徒の働き3章1~16節
続きを読む 主イエスのみ名によって歩きなさい

洗礼をうけるとプレゼントがもらえます

2014年6月8日(日) 主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<要約>

エルサレムで祈っていた弟子たちに聖霊が降り、それぞれの国語で人々に福音が語られた。大勢の人々は驚き、あきれていたが、ペテロと11人の弟子が立って自分たちは、復活したイエス様の証人であると説教をした。「神がお送りくださった救い主をあなた方が十字架で殺したのである」と説いた。すると3000人の聴衆は、悔い改めて洗礼を受けた。彼らのすべての罪は赦され、賜物として、彼らは聖霊を受けた。彼らは神から召され、神の子供とされ、教会に加わり、聖霊の実である、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制をもって、共に成長していくのである。
<聖書>
使徒の働き2章32~42節
続きを読む 洗礼をうけるとプレゼントがもらえます

聖霊を受け、聖霊に従う

2014年6月1日(日) 主日礼拝
ハレルヤチャペル滝沢牧師 森田友明

<要約>
復活の主は弟子たちに、約束の聖霊を受けるまでエルサレムにとどまるように言われた。そして、聖霊を受けると力を得て、イエス様の復活の証人となる、といわれた。イエス様は、弟子たちの見ている間に天に挙げられ雲に包まれてしまった。天使は弟子たちに、「イエス様は再び同じお姿でやがて来られる」と言った。弟子たちはエルサレムに戻り祈りに専心した。私たちは聖霊を待ち望み、聖霊を受けて、新しい人に変えられるのです。

<聖書>
使徒の働き1章3~14節
続きを読む 聖霊を受け、聖霊に従う